みんなの企画部

2703

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3,610号【緊急入院グッズの手配 〜入院グッズのリストを見るだけでも安心します〜】

【企画公開日】2020 .1. 8.(水)

年始に妻のご両親が旅行へ行きました。その旅行先でお母さんが怪我をされ、入院することに。1月2日のこと。お父さんから妻へ連絡が入り、慌てて入院の準備を整え、旅先へ。幸い比較的に近い京都のため、妻を乗せて自家用車で向かいました。

年始の忙しい時に妻も勤め先を休むことになり、後ろめたさもありましたが勤め先は快諾してくれ、お見舞金までいただきました。その時専務が「お母さんに(お見舞金)渡すと気を使われるから、あなた(妻)の交通費にしなさい」と言われたそうです。こういう気遣いって、心に沁みます。経営者の端くれとして見習わないと!

さて、この一件で思いついたことがあります。入院グッズについて。病院から教えていただいたり、ネットで調べたのですが、いざという時は困りますよね。グッズを買うのもドラックストアに行ったり、ホームセンターへ行ったりと右往左往しました。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
(1)結婚式の引き出物のカタログのように、カタログで入院グッズ一覧が選べて、注文すると指定の病院へ届けてくれるサービスチケット
(2)すぐに欲しい人は、近くのドラックストアで入院グッズ一式を購入できるサービスチケット
(3)付添人がネットでホテルの宿泊手配をする際に手数料など割り引いてくれる割引チケット

これらのチケットを法人向けに配布しておき、社員が必要になったら法人側からお見舞金と一緒に手渡してもらいます。たとえ使わなくても受け取った側は心遣いに嬉しいし、心強いですよね。入院する人向けのサービスだけでなく付添人へのサービスもセットで提供することがポイント。

今回の一件で妻は「宿泊予約サイト」へ新規に会員登録をして、自分で近くのホテルを予約していました。こういう新規会員募集の仕方がありますので、法人向けの販促は個人向けサービスとはいえ大切なルートです。

◆◆◆儲けのヒント◆◆◆
『個人向けサービスでも法人ルートを開拓』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議