みんなの企画部

2739

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3,588号【オリジナルお弁当箱が会員証? 〜帰りに寄って弁当詰める〜】

【企画公開日】2019 .10. 28.(月)

軽減税率で“お得感”のある「お持ち帰り専門店」が続々とオープンしています。「お持ち帰り専門店」でなくても既存の飲食店でもテイクアウト商品を増やしていますね。運んでくれる専門業者が登場しましたから、参入しやすくなりました。

そこで、こんなサービスを考えてみました。例えば、居酒屋。その居酒屋専用のお弁当箱を作ります。ビジネスパーソンが使うことを前提として、ビジネスカバンやビジネスリュックに入れやすく、汁がこぼれないタイプの弁当箱。

<弁当箱の使い方>
(1)朝は自宅でお弁当箱にご飯やおかずを詰めて出勤。
(2)帰宅する時は、使い終わったお弁当箱をそのまま居酒屋へ持って行きます。
(3)居酒屋はお弁当箱を店内で洗浄し、店内で調理した料理を詰めます。
(4)お客さんは詰めてもらった弁当箱を持って帰宅し、夕食として食べます。

一人暮らしをしていて、帰宅後すぐに一杯飲みたい人にはピッタリですよね! 弁当箱を保温バックに入れたら、店内調理のため温かく、間違いなく美味しいでしょう。ご飯抜きでおかずだけでも嬉しいです。

お弁当箱がなくてもテイクアウトできますが、弁当箱ユーザーは安く買えて、しかも来店したらビール一杯無料はどうでしょう? 「お弁当を詰めてくれる時間が面倒」と感じさせないサービスです。また、残業が多い人は会社周辺の店舗の「お弁当箱ユーザー」となり、夜食でお弁当を食べます。コンビニ弁当も美味しいですが、毎日は飽きてしまいますから。

このサービスを今流行りの「サブスクリプション方式」にしたら、なおユニークなビジネスが創れそう。

◆◆◆儲けのヒント◆◆◆
「生活習慣に入り込む」

ーーー

▼「企画が欲しい」が全部叶うウィッテムのWEBサイト
https://iiidea.jp/

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議