みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3414号 【 ペットフードBOOK 】「いつ」「何を」買ったか、わかると便利。

【企画公開日】2017 .7. 26.(水)

コンビニ各社がペットフードの売り場を増やしています。
主な購入者は近くにホームセンターがなかったり、
ネット通販が苦手な高齢者で、散歩の途中で購入する方も
多いそうです。(日経MJ2017.06.28)

なるほど、気がつけば我が家も時々コンビニで買っていました。
「ない!」と気づいた時、すぐに買えるから便利!

そこで、コンビニのペットフードに関して
こんなサービスを考えてみました。
ポイントは、レシートの表示。

▼【 ペットフードBOOK 】

コンビニで愛犬のペットフードを購入します。
購入するとレシートには、ペットフードの
「商品名」「個数」「金額」が表示されますが、
もう一つ表示します。

それが<犬>マークのアイコン。
商品名の前に<犬>アイコンを表示することで、
他の商品と一緒に購入しても一目でわかります。

レシートのペットフード表示を目立たせることで
どんなメリットがあるのか?

「いつ」「何を」「どれだけ」買ったかわかると、
・買い忘れ
・余分に買いすぎる
・前回と違った品を買ってしまう
ことを防ぎます。

高齢者が買うことを前提に考えると、
「ペットフード」の購入履歴が残るととても便利です。

そのため、ペットフードを1回に1000円以上
購入したお客にはレシートBOOKを差し上げます。

このレシートBOOKは、レシートを保管するファイルで、
手の平サイズで散歩の際のポーチに入れていくこともできます。

我が家は犬を飼い始めて5年になりますが、
未だに1回で買ってくるペットフードが何日分か
よく知りませんので、よく切らします。。。

これを知っているだけでも買い物に便利です。
痒いところに手が届くサービスはいかがでしょうか?

★アイデアコンセプト★『 履歴サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議