みんなの企画部

2530

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3161号 【 新購入プラン「カーシェアフレンド」 】使っていない時はカーシェアでローン削減。

【企画公開日】2016 .6. 22.(水)

「ホンダは大都市圏でカーシェアリング事業を試験的に広げる方針を明らかにした。
 車を保有しづらい都市部に限定して手軽にホンダ車を借りれる環境を整え、
 潜在的な顧客を増やす」(日経2016.6.22)

このカーシェアリング事業は収益の柱ではなく、「将来の購入につながる種まき」
だそうです。時代が変わりましたね。私が20代の頃は、車が欲しくて欲しくて、
何よりもお金をつぎ込んだ“宝物”でしたが・・・。

さて、若者だけでなく、子を持つ家庭でも気軽に車が買えるほどの余裕は
そうありません。しかし、子がいると軽自動車よりミニバンがいいですよね。

そこで、こんな購入プランを考えてみました。
ローン負担が少ないと買いたくなります。

▼【 新購入プラン「カーシェアフレンド」 】

販売員「車を使わない時間はカーシェアとして貸し出し、
    その収益をローンの返済に当てませんか?」

例えば、小さい子どもがいる夫婦がミニバンの購入を考えていたとします。
休日は家族で遊びに行きたいが、平日の昼間は夫婦共働きで、しかも通勤は、
ともに公共交通機関のため、使いません。

そこで、平日の昼間は「カーシェア」に登録しておき、貸し出します。
このサービスが「カーシェアフレンド」。事業主体が自動車会社なので、
購入希望者(所有者)もより安心できます。

購入希望者「もし、平日の昼間でも使いたい時があったら、
      どうしたらいいですか?」

販売員「はい、専用サイトで『カーシェア』できる日時をチェックすれば、
    貸し出し対象車になりますので、チェックを外しておけば大丈夫です」

購入希望者「簡単ですね!」

車の予約・利用状況(収益表)はネットで確認でき、ローン残高も確認できます。

また、こんなプランもいかがでしょう。

販売員「外出先で使わない時間が3時間(仮)以上ある場合は、
    その3時間でも『カーシェア』登録できます」

つまり、家族で海に遊びに行った際、午前9時から午後3時まで
貸し出すこともできます。想定される利用者は、交通機関を使って
海に遊びに来たけど、海辺以外でも遊びに行きたい時に利用します。

時代とともに車への考え方が大きく変わりました。
「完全所有(独占)」ではなく、好きな時に使いたいけど、
使わない時は他人に貸してもいいよという価値観もあります。

★アイデアコンセプト★『 中間層もいる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。