みんなの企画部

2456

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3088号 【 「最高のお買い物」券 】「古希のお祝い」を母へ。

【企画公開日】2016 .3. 4.(金)

超個人的な話ですが、今月母が古希を迎えます。
兄弟で会食を計画し、プレゼントを渡します。

しかし、父の時は思いついたのですが、母の贈り物は何がいいのか?
うちは男兄弟で母の嗜好もわからず・・・。(汗)
また、母は結構こだわり派なので、なお見当がつかず・・・。(涙)

そこで、こんなサービスがあるととても嬉しいです。
味気ない物がプレミアムなモノに変わります。

▼【 「最高のお買い物」券 】

●母の古希のお祝いに何を贈っていいかわからない時、
こんな「商品券」を贈ります。

●母が住む近くの百貨店へ行きます。
その百貨店で通常の「商品券」を買います。

●「商品券」を買う時、母の古希のお祝いと告げると、
百貨店の担当者が出てきて、

担当者「お母様のお買い物は私が担当させていただきます」
私「ありがとうございます」
担当者「お母様はどんなお方ですか?」

●ここからヒヤリングがはじまります。その担当者は百貨店でも
トップクラスの販売員で、特に高齢者への対応はピカイチです。

●担当者との打ち合わせが終わると、
「商品券」の中にその方の「プロフィール」と「お祝いのメッセージ」、
「専用窓口がかかれたカード」が同封されます。

●そして古希のお祝いの会食のとき、母にその商品券を渡します。

私「何を贈っていいかわからなかったので、
  この百貨店のこの方にお願いしました。
  時間がある時にこの方に連絡して、
  好きなモノ買ってください」

●こんな「商品券」です。この商品券は通常の商品券なので
どこでも買い物ができますが、子供達が言うなら、
この百貨店へ行きますよね。

●母はその百貨店へ行き、面談した担当者が接客してくれて、
商品を選びながら会話を楽しみ、約半日「最高のお買い物」を楽しみます。

●きっと、買った商品以上に接客と子供達からの気遣いが
最高の贈り物になると思います。

●単に「商品券」を渡すだけでは味気ないですが、
こんなプレミアムなサービスがついた贈り物はいかがですしょう。

●百貨店ならお店に行けばいつでも相談に乗ってくれるし、
買い物も付き合ってくれると思います。

●しかし、子供達が選んでくれた担当者が事情を知った上で
接客してくれるのは、全然違うと思います。

「最高のお買い物」券というより、
「最高のお買い物」体験ですね。

★アイデアコンセプト★『 体験を売る 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。