みんなの企画部

2423

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3037号 【 果物ホルダー 】手軽に持ち歩けると、消費が増える!?

【企画公開日】2015 .12. 7.(月)

ありがたいことにこの時期は、実家を含めて知人友人から
果物をよくいただきます。みかんにりんご、柿など。

果物をいただく時は数個ではないので、
自宅で食べるだけでは消費できません。

そこで、果物を販売する際、こんなグッズを付けたら、
昼食にお弁当を持っていく人など、消費が増えるのでは?

▼【 果物ホルダー 】

例えば、みかん。
みかんが1個だけ入るプラスチック容器を作ります。
その容器のデザインはやっぱり「みかん」!

この果物ホルダー「みかん」に1個だけみかんを入れて、
お弁当と一緒に会社に持っていきます。

会社では、果物ホルダー「みかん」からみかんを取り出し、
食べ終わったり、皮は「みかん」に入れて持ち帰ります。
このホルダーは汁がこぼれないように密閉式です。

どうでしょう?
こんな持ち歩き方はおしゃれじゃないですか!
毎日1個ずつ持っていけば、結構消費できます。

例えば、りんご。
4分の1にカットしたりんごを入れる果物ホルダー「りんご」。
自宅で4分の1にカットして「りんご」に入れて、
会社に持っていきます。

果物ホルダー「りんご」には芯抜き、皮むき機能があり、
剥いて、食べて、皮は持ち帰ることができます。

他の果物でも、1食分を持ち歩く果物ホルダーを考案します。
もし、箱詰めの果物の中に、携帯できる「果物ホルダー」が
1個入っていたら、どうでしょう!

ちょっと使ってみたくなります。
使ってみて便利なら、webサイトで買ってもらいます。
そのついでに果物の買ってもらいましょう♪

つまり、果物ホルダーは食べ方の提案なのです。
果物の加工品もいいですが、新鮮な果物をジューシーなまま、
携帯して食べたい時に食べる。

こんなことですが、意外に果物の消費が増えるかもしれませんよ。

★アイデアコンセプト★『 携帯する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。