みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3019号 【 お買い物マーク 】陳列棚からレジまでの「間」が勝負!

【企画公開日】2015 .11. 10.(火)

今「庭いじり」がマイブーム。材料を見にホームセンターへ
行くのも楽しみで、最近は、毎週末ホームセンター通い。
(ただ勝手にやっていることなので、資金はお心遣いから…涙)

さて、ホームセンターに限らず、陳列棚に商品は置いてあるが、
「これって、自分でレジまで運ぶの?」と戸惑ったことはありませんか?
あるいは、「どうやって買ったらいいの?」と思う商品もあります。

そこで、些細なことですがこんなサービスはありがたいし、
買う気を失くさない方法だと思います。

▼【 お買い物マーク 】

●とっても簡単なことです。
商品のプライスカードに以下の表示をします。

(1)カゴマーク・・・カゴに入れてレジまでお持ちください。
(2)台車マーク・・・台車に乗せてレジまでお持ちください。
(3)スタッフマーク・・・スタッフをお呼びください。
※プライスカードにはマーク(記号)のみで、
 説明は陳列棚の目立つ箇所に掲示しておきます。

●すぐに手に取ってカゴに入れられる商品は、カゴマーク。
重かったり、大きかったりしてカゴに入らない商品は、台車マーク。
計り(量り)売りの場合は、スタッフマーク。

●たったこれだけですが、
「買って行こうかな」と思った時、買い方がわからないと
「また次回にしようかな?」「面倒臭いな〜」となり、
購入機会を逃す恐れがあります。

●わからなければ店員さんを呼ぶのが当たり前だと
思われるかもしれませんが、気を使ったり、
声が掛けられない人もいるんです。
お店側も「わかるだろう」「当たり前」ではいけないのです。

●また、お客さんが自分で切りとったり、計ったりして、
下手に商品を扱い、汚したり無駄が増えることも防ぎます。

●ホームセンターに限らず、スーパーでも
パッケージされた商品ばかりではありません。

袋詰めする商品の場合は、
(1)この袋をお使いください。
(2)袋にこのように入れるとたくさん入ります。
(3)詰め終わったら口はこのように締めてください。
と順番に書いてあったら、親切ですよね。

●ちょっとしたことですが、手に取る商品が1品増えるだけで、
客単価は全然変わってきますから、
「手に取る瞬間」がとても重要です。

★アイデアコンセプト★『 手に取る瞬間が勝負! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。