みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2902号 【 汗拭きシート・ボトル 】最初は、自販機(無人)で買ってみる?

【企画公開日】2015 .5. 15.(金)

「40を超えると、確かに臭いは気になる。。。(私)」

男性向け身体用汗拭きシートの市場は伸びており、2014年は2009年比で
2倍だそうです。(日経MJ 2014.05.15)

自分の体臭なんて自分ではわからないから、一種の“強迫観念”に近い市場と
思えてならないが、「スメハラ」と言われたら対策せざるを得ないでしょうね…。
市場が伸びているということはモテ男が買うオシャレアイテムだけではなさそうです。

そこで、もし40過ぎの加齢臭漂う男(私)がはじめて買うなら、
こんなシチュエーションがいいかな?

▼【 汗拭きシート・ボトル 】

●タイトルの通り、ボトル入り「汗拭きシート」。
ボトルとは、ペットボトル(350ml)のこと。

●販売は、自動販売機。
ーーーーーー
真夏日の街中で、ペットボトルに入った「男性用汗拭きシート」を
自動販売機で買う。買った「汗拭きシート・ボトル」を持って、
訪問先企業が入居するビルのトイレに駆け込む。

トイレの中で、汗拭きシートを使う。
使い方はボトルに入った「取説」で習う。

汗を拭き、汗が収まったら、涼しい顔をして、
訪問先企業へ向かう。
ーーーーーー
あるいは、
ーーーーーー
コインパーキングの自販機で「汗拭きシート・ボトル」を
購入し、車の中で汗を拭いてから訪問先へ向かう。
ーーーーーー

●自販機なら、はじめて買う人にとっては抵抗なく買えます。

●「汗拭きシート・ボトル」は、ウェットテッシュのような
ボトルタイプではなく、ペットボトル容器に既存の「汗拭きシート」を
入れる方が買った後、持ち運びに便利です。
ボトルタイプでは邪魔になります。

●また、自販機で販売するメリットは、冷えていること。
炎天下で喉の渇きを潤すドリンクと一緒に、冷えた「汗拭きシート」で
体を冷やす。ベストマッチな組み合わせだと思いませんか♪

●喫茶店のおしぼりで顔を拭く気持ち良さが再現できます!

●さらに、ボトルの中には男性向けのサンプル商品を一緒に入れてはどうでしょう。
男性は整髪剤にしても歯磨き粉にしても一度使い始めるとブランドを
なかなか変えず、保守的。(私もそうです)

しかも、男性はサンプル商品を手にすることも少ないので、ブランドチェンジが難しい。
そのため、この機会にサンプルを無理矢理同梱して、手にしてもらう作戦です。

●自販機大国の日本ですが、コンビニの100円コーヒーが人気で、
缶コーヒーの売り上げが減っているそうです。
そのため、こんな付加価値のある商品を販売してはいかがでしょう。
セットで買ってくれたら、売り上げもかなり期待できます!

●冬は、「高機能マスク」に入れ替えます。
注意:HOTの必要はありません。

★アイデアコンセプト★『 はじめて買うシチュエーション 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。