みんなの企画部

2423

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2820号 【 ノンアル自販機 in 居酒屋 】「本日休肝日」の方もお越しください♪

【企画公開日】2015 .1. 14.(水)

40を超えると「正月太り」の解消に時間がかかり、
未だに減ったのか、逆に増えているのか、わからない日々を過ごしています。
(胃袋が大きくなったままで、食欲を維持したまま・・・)

さて、居酒屋業界が相変わらず苦しいそうです。
お酒を飲まない若者、団塊の世代の退職、宅飲み世帯の増加など、
明るい材料は見当たりません。(私も久しく居酒屋には行っていないなぁ〜)

そこで、一発逆転のアイデアはありませんが、
こんなアイデアはいかがでしょう。
「談笑しながら、軽く食事をするなら居酒屋」を目指します。

▼【 ノンアル自販機 in 居酒屋 】

●タイトル通り、居酒屋店内に「ノンアルコール飲料」の自販機を設置します。
価格は大胆に《100円(仮)》に設定。※通常販売価格より安価に設定
※ノンアルコール飲料・・・ノンアルビールやノンアルカクテルなど

●ノンアル自販機設置の目的は3つあります。

★理由その1★「休肝日」も居酒屋に!
アルコールを飲まない日でも「居酒屋」へ足を向けてもらうために
店内に「ノンアル自販機」を設置。

店内の「ノンアル自販機」でノンアルコール飲料を購入し席に座り、
体に優しい(肝臓が元気になる)「休肝日メニュー」を注文。
居酒屋の雰囲気を楽しみながら、「休肝日」を楽しみます。

★理由その2★飲めない人でも気軽に来店
堂々と店内に「ノンアル自販機」があることで、飲めない人も気軽に入店でき、
ノンアルコール飲料を買って宴会に参加できます。

また、会計も工夫します。料理とドリンクを別々に会計します。
理由は飲まない人が割り勘負けしないため。

飲まない人は「ノンアル自販機」で購入するので、
ドリンク代金は割り勘人数に入れません。料理だけ割り勘にします。
こういう配慮が「ノンアルコール派」にも来店してもらう
気遣い(サービス)になります。

★理由その3★料理が注文したくなる!
なぜ、店内なのに自販機なのか? 一番の理由は人件費の削減。
手間をかけない分、価格を安く設定し買いやすくする分、
料理を注文しやすくします。

また、ソフトドリンクの割高感を解消します。
(なんでウーロン茶があんなに高いの!って思いませんか?)

料理を楽しみに来店しても、従来のソフトドリンクの価格では、
来たくなくなります。

●居酒屋はアルコール類で儲けると聞いたことがありますが、
もし、今もそうであるなら時代に合っていませんよね。

●料理が自慢の居酒屋がたくさんあるのだから、「飲む」選択肢を増やして、
軽く食事するときでも居酒屋に行く」スタイルを提案してはいかがでしょう。

●今朝(2015.01.14)の日経新聞で女子高生が学校帰りに
回転すしに立ち寄る記事がありました。デザート類がお手ごろで
品数が多いからだそうです。(見つける方もすごいですね!)

●業界の垣根がなくなりました。時間の過ごし方の提案が
お客を引きつけるキーポイントになりそうです。

★アイデア軸★『 飲まない居酒屋 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。