みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2814号 【 コメサケ会員 】「お米」を買う費はやっぱり購入金額は控えめ?

【企画公開日】2014 .12. 19.(金)

知人(経営コンサルタント)のメルマガで面白いことが書かれていました。
東京ディズニーリゾートはパスポートの事前販売をしていますが、
これはパーク内での買い物量を増やすためだそうです。

家族4人でパスポートを買うと2万円を超えますが、
これを当日入り口で支払うとかなり“お金を使った感”が残り、
パーク内での買い物に慎重になるそうです。

確かにこういう感覚はありますよね!事前にパスポート代を支払っておけば、
その日の総支出は抑えらえますから。

そこで、この感覚を日常生活に当てはめて、
こんなサービスを作ってはどうでしょう。
「お米を買う日は買い物額を抑えていませんか?」

▼【 コメサケ会員 】

●「お米」と「お酒(アルコール類:ビール、焼酎など)」の
購入をスマートにする会員制度。店舗はショッピングセンター。

●例えば、ショッピングセンターへ行った時、
「きょうはお米を買わないといけないから、他の食料品は少なめで…」
という経験はありませんか?
「お米」でなくても「ビール」などのアルコール類の購入時も。

●そこで、ショッピングセンターでは、他の食料品と同じようにお米を買い物カートに
積んでレジを通しても、「お米代」だけは翌月まとめて支払う仕組みにしたら、
その日に支払う金額は抑えられます。(ビールでも同じです)

そのため、財布の中身を気にせず買い物ができます。
つまり買い物額がトータルで高くなります。

●配達や定期便というサービスもありますが、たまには違うお米を買いたかったり、
余っているのにまた届くとなると、無駄が多くなり、結構不便だったります。
そのため、買ったお米(アルコール類)の代金だけ、翌日まとめて払いにします。

●ひょっとしたら、「今回はちょっといいお米(ビール)にしようかな♪」
という日もあり、より売上UPも期待できます。

●もし、「コメサケ会員」は「お米」「お酒」が5%(仮)で購入できたら、
入会する動機ができ、利用者が増えると思います。
割引率は調査により購入金額とのバランスで決めます。

●ショッピングセンターにとって、いかに売り上げをUPさせるかは、
「ついで買い」をどれだけ増やすかにかかっています。

●お米などの高額な必需品と一緒に買えばついで買いは減ります。
なければ「ついで買い」が増える可能性が高まります。

●ちょっとあざとい手法かもしれませんが、
お互いにメリットがあれば定着すると思います。

★アイデア軸★『 必需品は“別財布”で 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。