みんなの企画部

2456

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2787号 【 もしもシリーズ 車内販売のお弁当編 】人はニオイにそそられる?

【企画公開日】2014 .11. 11.(火)

昨日、新幹線で移動中のこと。
コンビニで買ったお弁当を食べていた時、
横の通路を車内販売のワゴンが通り過ぎました。

通り過ぎる販売員の背中を見ながら思いついた、
“大きなお世話な”アイデア。

もしも、車内販売でお弁当の販売促進をするとしたら…。

▼【 もしもシリーズ 車内販売のお弁当編 】

《アイデア その1》容器にヒミツ?
車内販売でお弁当を買いたくなる理由を探すとしたら、
「限定販売」が真っ先に思いつきます。

しかし、それだけでは面白くないので、新幹線のテーブルで
食べやすいサイズのお弁当だったら、なおいいですね。

少し小さめで、テーブルにお弁当を置いてもカップの置き場が空いていること。
大きめのお弁当をテーブルに置くと、カップの置き場が隠れてしまいますから♪

《アイデア その2》「温かい」が嬉しい!
駅弁の多くが冷たい。。。冷えていても美味しく作ってあると思いますが、
この季節は、やっぱり温かいご飯がいいですよね。

そこで、ワゴン車に「温め機能」を付けて、
「温かいお弁当はいかがですか?」と言いながら販売したら、
結構、そそられるかも。冷えているより温かい方が味もしっかりしますしね。

《アイデア その3》やっぱりお味噌汁は欲しい!
コーヒーをポットからコップに注いで販売しているなら、
お湯だってポットで持ち歩けますよね。

だったら、ドライフードなどのインスタントみそ汁を
一緒に販売してはいかがでしょう? お湯を注ぐだけで簡単です。

インスタントみそ汁なら、白みそ、赤みそ、ミックスみそなど、
味も選べて、より食欲をそそります。

また、みそ汁のいい香りが周りに広がると「食べたくなる」、
いい販促効果が期待できます。嗅覚にも訴えます!

《アイデア その4》ご飯の量が選べる。
お弁当のご飯を「おにぎり」にして、
◎大…3個
◎中…2個
◎小…1個
と選べたら、もっと買いたい人が増えると思います。
つまり、おかずとご飯ば別々に販売します。もちろん、温かくして。
ビールのおつまみには、おかずだけでOK!

《アイデア その5》注文のしやすさ。
最後は、声を掛けづらい人に注文のしやすさもポイント。
今ならアプリを使えば、[お弁当を選ぶ]→[座席番号を入力する]で
簡単に注文できそうです。

熟睡していて買いたいタイミングを逃した人でも
好きな時に注文できて、座席まで持ってきてくれます。

●車内販売ではいろいろ制限もあるかもしれませんが、
工夫次第でまだまだお弁当も売れそうです。

●だって、集客しなくてもたくさんのお客様が
すぐそこに座っているのですから♪

★企画の一番搾り★『 アイデアは現場に落ちている 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。