みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2407号 こどもブック小切手 ~ 子どもに読書習慣を ~

【企画公開日】2013 .4. 2.(火)

「子どもにはテレビやゲームばかりせずに本を読んでほしい」

わが子にそう願う親は少なくないでしょう。
私もわが子にはたくさん本を読んでほしいと願っております。

(実は私の読書習慣は遅く、大学生からです…)

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
与えられるより自分で探す楽しみの一つです。

▼『こどもブック小切手』

●「こどもブック小切手」は書店のホームページから申し込みます。

《利用方法》
1.専用サイトから申し込みます

2.後日、自宅に「こどもブック小切手」が届きます。
  「こどもブック小切手」は12枚綴りで、毎月1枚使えます。
  ※毎週の小切手もあります。

3.子どもがそのブック小切手を持って書店へ行き、
  読みたい本を店内で探し、レジへ持って行くと現金なしで、
  小切手だけで本が買えます。

4.購入の際は、小切手に子どもが「名前」を記入するだけでOK!

5.本の代金は、後日(親の)クレジットカードから引き落とされます。

●毎月1冊ずつでも読んでくれると親としてうれしいですよね。

親や学校の先生から与えられる本ではなく、自分で読みたい本を
探すことも大切な勉強です。

どの棚で探したらいいのかも店員さんに聞くことも貴重な経験になります。

●使った分だけの支払いになるので、使わなかったら
(親としては残念ですが…)支払いは発生しません。
そのため、気軽に申し込みすることができます。

●「こどもブック小切手」で購入した子どもには、
専用のブックカバーが掛けられ、そのブックカバーの裏面が
感想文を掛ける原稿用紙にしたら、いかがでしょう。

●書店としては、その感想文を投稿していただき、
【今月の感想文大賞】を店頭で発表したら、
さらに子どももやる気が出そうです。

●地方では廃業する書店が多く、地域で気軽に行ける書店が少なくなっています。
子どもが自転車で行ける書店が地域内にあるといいですね。

       ***企画の一番搾り***

     『 リアル店の醍醐味 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議