みんなの企画部

2569

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1878号 追加注文GET作戦 ~「最後の一品」が勝負を分ける!?~

【企画公開日】2010 .12. 21.(火)

最近、小学二年生の長男が「一人前」を食べるようになったので、
飲食店に入ると、出費がかさむようになりました。。。

これから食べ盛りまっしぐらです。そのうち次男も“参戦”してきますので、
親の私たちが「キッズセット」を注文したくなる気分…。

さて、きょうは、注文の品が来て店員さんがテーブルに置いていった注文伝票を
眺めながら、思いついたアイデア。(親としては困りますが…)

「こうしたら、もう一品追加注文したくなるかも?」

▼『追加注文したくなるグッズ』

●注文の品がテーブルに並べられ、注文伝票が円柱の容器に差し込まれたら、
もう「オーダーストップ」のような気になる人も多いのではないでしょうか。

●そこで、「追加注文GET作戦 第一弾」。

出力される注文伝票の裏に予め、
—————————————–
追加のご注文を喜んでお受けいたします。
—————————————–
とプリントしておくのはいかがでしょう。

あるいは、
—————————————–
お食事後のデザートをもう一品いかがですか?
—————————————–
というのもいいかも。

●通常、注文の品が書かれている面を内側にして円柱の容器に差し込みます。

●そのため、裏面に追加注文を促すメッセージがプリントしてあれば、
お客様には見える状態でテーブルに置かれます。

●さらに、「追加注文GET作戦 第二弾」。

●円柱の容器を工夫します。ステンレス製があったり、透明のアクリル製の容器が
あったりしますが、ミニPOPが差し込める容器というのはいかがでしょう。

オリジナルの写真やデザインが差し込めるような「タンブラー方式」で、
円柱状にミニPOPが差し込めます。

●店員さんが注文の品と一緒に注文伝票を持ってきます。
注文の品をテーブルに並べた後、このミニPOPが差し込める容器に
注文伝票を差した状態で、最後にテーブルに置きます。

●これなら注目度も高いですよね。
さらに、お客さんによってその容器に入ったミニPOPを選んで
持って行ったら、より追加注文の確率が高まるかもしれません。

 ◎デザートを注文していないファミリー客には…
 ◎最後にコーヒーを飲みそうなビジネスマンには…

●最後の「追加注文GET作戦 第三弾」は、いっそうのこと、
注文伝票を入れる容器をミニフォトスタンド付きにしてはどうでしょう。

今では、携帯ストラップにもできるミニサイズが販売されていますので、
あの容器サイズにフォトスタンドをつけるのは簡単です。

円柱にする必要もありませんので、かまぼこ型でも四角型でもOK!
画面には、追加注文したくなるデザートやドリンクの写真や映像が流れます。

●まぁ、あまり露骨な演出は嫌がられるかもしれませんが、
飲食店にとって客単価が下がるのは死活問題です。
ちょっとした工夫で、さりげなく追加注文したくなる演出を
してみてはいかがでしょうか。

   ***企画の一番搾り***

 『 客単価は“別腹注文”を狙え 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。