みんなの企画部

2567

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1390号 学習習慣が付く机の選び方 ~学習机は、習慣を作るもの~

【企画公開日】2008 .11. 26.(水)

とてもリアルタイムな話。長男が来年小学校に上がります。
そのため、学習机を見に、家具屋さんを回っています。

かなり回ったと思います。でも、どのお店も同じ品揃えで同じ接客。
逆に、決めるのに困っている状態。。。

どうしてもっとこの世代の“家庭の事情”を把握した接客が
できないのでしょう。

しかも、学習机はこれからの大切な習慣を作るモノなのに…。

▼『学習習慣が付く机の選び方』

例えば“典型的な家族”の我が家を事例にすると…。

ある家具屋さんへ行きました。その家具屋さんは、友人からの紹介で、
とても親切に対応してくれると聞き、行きました。
学習机をみていると、40代くらいの女性スタッフが来て、

店「学習机は、これからお子様に大事な習慣をつけるためのものです。

  格好がいいものや値段が高いものを購入して、
  ただ部屋に置けばいいというものではありません。

  今の間取りやご家族が過ごされる生活スタイルを考えて
  購入した方がいいと思いますよ」

納得です。早速、その方が相談に乗ってくれるというので、
相談ブースへ行きました。

店「現在のお部屋の間取りは、どのようになりますか?」

店「賃貸ということですが、将来的に家のご購入予定はございますか?」

店「ご家族が一階で過ごすことが多いことと、スペースに余裕がある
  ということでしたら、一階のリビングにおいてはどうでしょう。
  その方がお母様も低学年のうちは、お子様の勉強をみることができます」

店「リビングの置く机ということでしたら、典型的な学習机では、
  今のリビングに合いません。また、近い将来に家を購入される予定が
  あるのでしたら、なおさら、このようなシンプルなデザインの机は
  どうでしょう。椅子さえ、子ども用にすれば問題はありませんよ」

店「これでしたら、弟さんも一緒に座ってお絵かきなどもできるので、
  お母様も一緒にみることができますよ」

店「机を買ってもリビングのテーブルで勉強する子も多いですが、
  机があることで片付ける場所ができ、学校から帰ってきて、
  自分でお片づけする習慣も身に付きます」

世の親は、皆子どもに同じことを希望しています。
モノが欲しいのではなく、子どもの成長を考えています。

本屋に行けばいくらでも専門書は置いてあり、
“一夜漬け”でも知識は得られます。

セールをする前に、販売スタッフで勉強会でもしたら、
もう少しお客の心をくすぐる接客ができるようになると思います。

          +++++ 今日の企画一番搾り +++++

             『 モノより思い 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。