みんなの企画部

2568

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1036号 自販機がMySHOP ~商品構成とPOPで“カリスマ自販機”~

【企画公開日】2007 .6. 5.(火)

「ラーメン缶」が人気だそうです。

少し前に話題になった「おでん缶」も美味しそうですが、
「ラーメン缶」は、麺がのびないようにこんにゃく麺だそうです。

ヘルシーで、しかも人気ラーメン店がプロデュースしたそうで、
自販機商品とはいえ、すごいですね。侮れません。

さて、インターネットの普及で、ネットショップの中には、
取り上げるとヒット商品になる“カリスマショップ”も出現しています。

それなら、“カリスマ自販機”って、いかがでしょう。

▼『自販機がMySHOP』

A「実はこの自販機、俺の“お店”なんだよね」

B「何それ、俺のお店って?」

A「この自販機で販売されている商品は、俺が仕入れているんだ」

B「仕入れ?」

A「実はさ、今自販機をMySHOPにする商売が流行っているのよ。
  だから、自販機で販売できる商品ばかりを扱っている卸屋さんが
  あって、そこから、仕入れるのよ」

●商品は、ドリンクはもちろん、食べ物、お菓子、ガムなどのほか、
人気キャラの携帯ストラップなどのグッズなど、さまざまな
自販機専用商品を仕入れることができます。

B「あれ、でもこの缶の中に入っているものは、お前が作った
  シルバーアクセサリーじゃないの?」

A「そう! 自分が作ったモノを缶に入れてくれるサービスも
  あるのよ。だから、この自販機のこの品揃えは、全国でも
  ここだけ。

  結構さ、“固定客”もついて、ほら、ここのQRコードから、
  ファンレターも届くのよ。リクエストも来るぞ。

  この調子で、“出店”を増やそうと思って、いい場所を
  探しているんだ」

●こういうMySHOPもありですね。自販機がお店なので、
お金の回収はもちろん、24時間オープンできるし、
POPやペインティング次第で、オリジナル性も際立ちます。

●そうすれば、専門の卸業者もでてきて、市場も膨らみそうです。
立地とターゲティング次第で“繁盛店”になる可能性もあります。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

           『  仕組みの活用  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。