みんなの企画部

2740

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

【第3,642号】《『夜のホコ天』解放区 〜これくらいの協力はバチは当たらない〜》

【企画公開日】2020 .5. 19.(火)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_19]

No.28/100【第3,642号】《『夜のホコ天』解放区 〜これくらいの協力はバチは当たらない〜》

ある劇場の一枚の写真がネットで話題になった。398席あるホールでソーシャルディスタンスを保って座ると60席が限界だったという写真。そのネット記事には「思わず笑ってしまったが、ちょっと笑えない未来」というコメントが。本当に笑えない。

今すぐ解決できる名案が、今の私に浮かばないのが本当に悔しい。

しかし、飲食店についてなら、今思いついた。自治体協力のもと、こんな解放区を設けてはどうだろう?

<『夜のホコ天』解放区>
(1)夜7時〜10時(仮)まで飲食店街の車道を閉鎖して歩行者天国として解放する
(2)飲食店は店前のエリアにテーブル・イス・パラソルを置いて客に利用してもらう

なぜ、歩行者天国なのか。店内をソーシャルディスタンスを保って座席を取るとすぐに“満席”になってしまう。だから、席数を確保するためにホコ天を利用する。

新型コロナウイルスの自粛期間中は、飲食店にはとても協力いただいたので、これくらいの許可は出しましょう。近隣の住民に迷惑がかからないように配慮しつつ、「エリア限定」「時間制限」で解放して活気を取り戻す。

夜、外で飲むとテンションが違いますよね。5割り増しで楽しくなるのは私だけ?

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『内がだめなら外がある』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議