みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3224号 【 イベント開催情報局 】屋外イベントの開催有無はお天気次第。

【企画公開日】2016 .9. 30.(金)

今週末、長男はハンドボールの新人戦。次男は野球の某新聞社の公式大会。
ハンドボールは屋内開催なので心配ないのですが、野球は当然屋外。
週末の天気が怪しいなぁ〜。スマホでお天気情報を逐一見ながら、
あるの?ないの? 右往左往。

雨が降ることがわかっていても、主催者から中止の連絡がないと、
行かないといけません。数時間かけて会場に行ったはいいが、
結局中止では、「雨降るって予報で出てたでしょ!」と
愚痴りたくもなります。(遠征費がまるまるかかってしまうので…)

だったら、お天気情報と連動した「イベント開催情報局」は
いかがでしょう。イベントの告知にも貢献します。

▼【 イベント開催情報局 】

早い話が、ネットの「お天気情報」ページに
屋外イベントの開催情報を載せるのです。

スポーツの公式戦から屋外コンサート、お祭りなど
大きなイベントから、地域のボランティア活動や
仲間内のバーベキューまで。

利用は無料。登録時に、
(1)開催日時
(2)場所(MAP連動)
(3)主催者名(連絡先)
(4)参加資格(オープンあるいはクローズド)を入力すると
《イベント名》《場所》《日時》などで検索すればすぐに表示されます。

この「イベント開催情報局」の目的は、
イベントの開催有無の発表です。

屋外イベントの場合は天候に左右されますので、
お天気情報と連動しているととても助かります。

主催者はイベント情報の告知の際、予め、
ーーーーーーーー
こちらのお天気情報ページに開催の有無を発表します。
天候不良が予想されましたら、こちらでご確認ください。
ーーーーーーーー
と告知しておけば主催者側も早く広く開催有無が伝えられます。

雨雲レーダーのMAP上に開催場所が表示されていて、
雨雲が接近・通過する様子が視覚化されたら、
参加者も「中止も仕方がないね」と納得できます。

また、この「イベント開催情報局」は、集客効果も期待できます。
興味があるイベント情報の「参加資格」に「誰でも参加できます」と
表示されていたら、行きたくなりますよね。
予定のない日曜日の朝、チェックするかも!?

天候不良が予想されているのに開催して事故が起こっては、
主催者側の責任問題に発展しかねます。主催者は周辺で
開催する他のイベントの開催有無を様子見しながら、
決断することもできます。

★アイデアコンセプト★『 起点情報 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。