みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3214号 【 アニバーサリーパッケージ 】ギフト券には思い出が付いて回ります。

【企画公開日】2016 .9. 14.(水)

息子たちが「ガンプラ」にハマっています。
長男が火をつけ、次男が同調し。。。

我が家の近所には、今では珍しい昔ながらのおもちゃ屋があり、
息子たちは自転車で買いに行っています。

先日ガンプラを買ってきた袋の中に「こども商品券」の案内が
入っていました。子供のためのギフト券で、おもちゃをはじめ、
子供服・ペビー用品、遊園地や水族館でも使えるそうです。

そこで、きょうは「こども商品券」について考えてみました。
ギフト券には思い出が付いて回ります。

▼【 アニバーサリーパッケージ 】

「こども商品券」を入れる封筒に厚紙でできた台紙を一枚同封しておきます。
この台紙は、2つの使い方があります。
(1)ハガキ
(2)フォトスタンド

(1)ハガキは、写真を貼って贈り主にお礼ハガキとして、
投函することができます。

例えば、お盆に祖父母から誕生日プレゼントとして
「こども商品券」をいただいたとします。

「こども商品券」でプレゼントを買い、
プレゼントで遊んでいる写真を撮り、
プリントして、ハガキに貼って投函。

おじいちゃんおばあちゃんハガキを受け取ったら、
嬉しいでしょうね!

(2)フォトスタンドは、(1)のように写真を貼り、
自宅に飾っておきます。

ギフト券の多くは記念に贈ることが多く、思い出がついてまわります。
そのため、ギフト券と一緒に思い出を演出するグッズが入っていたら、
そのイベントがより特別なものになります。

さらに、台紙のほか、コンビニの協賛を得て、
「プリント1枚無料券(30円)」を一緒に同封してはいかがででしょう。
この券を指定のコンビニに持っていくと写真プリントが一枚無料でできます。

この券があることで写真を撮るキッカケを作ることができ、
コンビニへ足が向きます。おそらく1枚だけプリントすることはなく、
イベント時のプリントをまとめてすると期待でき、
さらにお買い物もするでしょう。

贈答品には、贈る側も贈られる側にもイベントが前後にあります。
そのイベントを演出するグッズやサービスがあれば、
より選ばれるギフト券になると思います。

★アイデアコンセプト★『 「思い出」が付加価値 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。