みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3174号 【 「日曜夜の家族団らん」提案 】「選挙特番」を観ない人は。。。

【企画公開日】2016 .7. 11.(月)

「コーヒー100円引き」「ピザ無料」「文房具2割引き」
「温泉入浴料半額」「マッサージ施術料割引」

これらの特典は、選挙で投票するともらえる「投票済証」を持って行くと
受けられる特典。(日経夕刊2016.07.09)記事によると、
この「選挙割」は商店街などで広がっているそうです。

身銭を切って「選挙に参加するきっかけにしてもらいたい」目的を
達成する姿勢が素晴らしいと思います。

そこで私も考えてみました。「選挙の夜」はいい体験の機会と思います。
理由は、全局「選挙特番」。そこで、こんな販促はいかがでしょう。

▼【 「日曜夜の家族団らん」提案 】

昨日の選挙の夜(日曜日)、我が家はいつもなら家族団らんで
食事をしながらテレビを観るのですが、全局「選挙特番」だったため、
投票後、家族で外食をした後、自宅で映画を観ました。

きっと「選挙特番」を観ずにいつもと違うことをした家族も
多いのではないでしょうか?

そこで、
「選挙特番を観たくない」
→「家族で外出する」
→「いつもと違うことをしてみる」
→「日曜の夜の新しい過ごし方」
こんな発想で販促してはどうでしょう。

例えば、
◎カラオケBOX・・・「日曜の夜は大声で歌って、月曜の朝はスッキリ!」
◎ボーリング場・・・「日曜の夜は軽く汗をかいてぐっすり寝よう!」
◎スーパー銭湯・・・「日曜の夜こそリフレッシュしてリセット!」

いずれも「家族限定」サービスにすることで、
将来の有権者である子供たちも「選挙」を知る機会になり、
社会的にも好感をもてる販促だと思います。

たまたま体験したことが気に入り、毎週でなくても、
「時々、日曜の夜に家族でワイワイするのも楽しいね!」
となる可能性は十分にあります。

日曜の夜は、月曜からの学校や仕事に向けて自宅で過ごす方が
多いと思いますが、個人差はありますが、少し動いて
ぐっすり寝た方が「ブルーマンデー」が軽減するそうです。

選挙投票日の夜は、ある意味“特別な夜”なので、
何か仕掛けてみてはいかがでしょうか?

★アイデアコンセプト★『 選挙特需 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。