みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3104号 【 部員募集!プロジェクト 】スポーツ人口を増やさないとスポーツ用品は売れない。

【企画公開日】2016 .3. 29.(火)

次男の野球チームのマネージャをしています。
試合でスコアーをつけたり、ホームページを更新したり、
団員募集チラシを作って配布したり、雑用係りをしています。
特に今の時期は団員募集が“最重要課題”!

そこで、スポーツ用品店の店長、こんなアイデアがあります。
スポーツ人口(部員)が増えれば回り回って商品も売れますから。

▼【 部員募集!プロジェクト 】

●「野球用品(備品)をご購入のチームには、店頭で団員募集をいたします」
簡単に言うとこんな企画。

●実はスポーツ用品店によっては団員募集のチラシを
貼ってくれる店舗はあります。
しかし、その場所の多くは野球用品のコーナー。

●これでは、すでに野球をしている子にしか目に触れません。
野球人口の裾野を広げるには、野球をしていない子にこそ、
アピールしたい!

●そこで、ショッピングセンターなどのショップ店頭で、
団員募集のチラシを貼ったり、チーム紹介の動画を流したりして、
部員獲得の応援をするサービスはいかがでしょう。
動画は店舗側からの取材という形なら、なお嬉しいです!

●そのためには、ボール3ダース以上の購入、ネットの購入など、
チームの備品を購入が“取引条件”。

●チームとしてどうせ買う備品なら団員募集を応援してくれる店で
買いたいですよね。幸いスポーツ用品はメーカー品ばかりなので、
実際、価格以外どこで買っても同じですから。

●春は何かと「始めたい季節」ですから、団員募集には絶好の季節!
さらにショップとして決算時期を迎えるので、ボールなどの備品を
まとめ買いしてくれたら、嬉しいですよね!

お互いに利害が一致します。

●また、店舗のホームページや店内に常設コーナーを設けて、
団員募集を応援してくれたら、春だけでなく年中、
備品を購入したくなります。

●次男が所属している硬式少年野球のボーイズリーグも
部員が足りず休部するチームも出てきています。

●少子化の影響だけでなく、スポーツをしない子が増えており、
野球に限らずスポーツ人口が減っています。

●もっともっとメーカーをはじめ、販売店も協力して、
裾野を拡大し、盛り上げて欲しいです。

「野球、やろうぜ!」

★アイデアコンセプト★『 持ちつ持たられつ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。