みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3078号 【 PRブース「匿名係」 】ザワザワ感が人を動かす!

【企画公開日】2016 .2. 19.(金)

電力小売りの全面自由化を前に電力会社をはじめ、
ガス会社やケータイ会社までザワザワしています。

「月1000円で契約変更 5割」(日経2016.01.22)
という記事がありました。確かに月1000円電気料金が下がったら、
リアルに嬉しいですよね!!

しかし、個人的な肌感覚ですが、消費者は様子見が多い気がします。
ひと昔前ほど、消費者は企業側に踊らされませんから!

そこで、私ならテレビやネットで宣伝するよりこんな戦略をとります。
地味ですが、ジワジワ効きそうです。

▼【 PRブース「匿名係」 】

●スーパーの一番混む時間帯(例:夕方)に、
袋詰めをするスペースの端っこを利用して
下記の看板でブースを設けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月1000円の光熱費削減を目指します!
★相談無料★粗品進呈★時間10分★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●席は一つでOK!
相談者の顔は他の客にわからないように
スリガラスのパーテーションを立てます。
(スリガラスがポイント!)

●「座席一つで相談できる人数が限られるから効果があるのか?」
という声があると思います。

●このブースの目的は、一つ。
「電気料金の見直しに興味を持っている人がいる」
と“現象”を見てもらうこと。

●ブースの周りには、
(1)ラックに持ち帰れるパンフレットを置く
(2)カゴ盛りのポケットテッシュを置く
(3)自宅で検索できるように《キーワード 検索》の
   看板も大きく掲示します。

●こうすることで、
「月々の光熱費が下がるなら相談してみたいけど・・・」
と思っていた人が、ブースに相談者がいる姿をみて、
「あっ、やっぱり興味がある人は私だけじゃないんだ!」
と知り、
「相談は恥ずかしいけど、パンフレットくらいなら持って行こう」
と近寄り、パンフレットに手を伸ばします。

●すると、その様子を見た他の人も気になり、
「私も」「私も」とザワザワしてきます。

●行列が人を呼ぶように、人は他の人の動向って気になるもので、
それを肌で感じてもらう方が地味で遠回りかもしれないけど、
確実だと思います。

●私が会社から帰る途中に保険の見直しができる店舗があります。
自分の想像以上にたくさんの人が相談しています。それを見たら、
「自分も相談してみようかな」と考えてしまうのと同じです。

●ザワザワさせた後、どう引き寄せるかが勝敗を分けます。

★アイデアコンセプト★『 現象を起こす(見せる) 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。