みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3061号 【 窓無しエンタメ車両 】“インサイド・ラッピング”で閉塞感を打破!

【企画公開日】2016 .1. 26.(火)

日曜日に次男の英検の試験に付き添いました。JR→地下鉄→バスを乗り継いで
1時間半かけて会場の大学まで行きました。次男は試験を受ける前から
ヘロヘロになってしまったのですが、次男曰く、
「地下鉄が一番辛かった・・・」そうです。

私も地下鉄は苦手だなぁ…。あの閉塞感がなんとも苦手。
しかし、地下ばかりを走る地下鉄に「窓」が必要なのか、
という疑問が湧きました。

きっと必要だからあるのだと思いますが、
ちょっと大胆なことを考えてみました。
ないと非日常空間になります。

▼【 窓無しエンタメ車両 】

●地下鉄車両の窓をなくし、内側を滑らかな曲線の壁にしたら、
何ができるでしょう?

●ラッピング広告ができます!
通常、車両の外側にラッピングするのですが、内側にすることで、
天井から床までよりまじまじと見ることができます。

●全面ラッピング広告はかなりのインパクトがあるでしょうね!
今公開中の映画「スターウォーズ」なんて、ぴったりの広告です。

●壁面だけでなく造形物を吊り下げたり、光らせたら、
エンターテイメント性がますますアップします。

●しかし、いつもラッピング広告があるとは限りません。
そのため、壁の下地は「自然の風景」にします。

●草原に、遠くには山々、天井は青空と、
開放感を感じさせる壁面にすれば、
広告がなくても乗客は楽しめます。

●まだ、何かできますね。
そう、プロジェクトマッピングです。
1〜2分の短編映像を駅間で上映し、
乗客を楽しませます。

●この車両だけ満員状態になる可能性はありますが、
単なる移動手段だった地下鉄が「エンタメ車両」となり、
楽しむために乗る乗り物になる可能性があります。

●どうせなら、全車両「エンタメ車両」の列車にしてみる?

★アイデアコンセプト★『 異空間 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。