みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3044号 【 夢のある寄付ポスト 】我欲を抑え、一枚だけ寄付してみる。

【企画公開日】2015 .12. 16.(水)

「年末恒例の宝くじ、買いましたか?」

昔、とある占い師に「あなたは買えば必ず当たります」と言われて、
楽しみにしていますが、未だ“買う勇気”がなく20年以上が経ちました。。。
(もうその“占い”も使用期限が切れているだろうな・・・)

宝くじを買うのはお金が欲しいに決まっていますが、
あまり欲深いと当たらないとも言われます。

そこで、賛否両論あると思いますが、
こんな寄付の方法はいかがでしょう。

▼【 夢のある寄付ポスト 】

●宝くじ売り場の横に「ポスト」を置きます。
この「ポスト」には、こう書かれています。

ーーーーーーーーーーーー
  宝くじ寄付ポスト
ーーーーーーーーーーーー

●その名の通り、宝くじを入れるポスト。

●例えば、10枚宝くじを買ったら、
そのうちの1枚を「寄付ポスト」に入れる。

●あるいは、10枚買って10枚とも「寄付ポスト」に
投函する。自分のために買わず、寄付のために買う。
※もちろん、この寄付行為は自由です。

●「おいおい、だったら宝くじを買うお金を寄付したらいいじゃん!」
というご意見もあると思います。

●おっしゃる通り。しかし、そのまま寄付したら、3,000円。
寄付した宝くじがもし当たったら、10億円の寄付になります。

●夢がありませんか?

●寄付ポストに投函された宝くじの当選結果は、
当選番号の発表後に公表されます。

●もし、夢のある金額が当選したら1枚でも投函した人は、
「あれは俺が寄付した宝くじだな♪」
と自慢できる権利があります。これも夢がありますよね。

●実際、10枚連番で購入して寄付した1枚が当選することも
あると思いますが、それも「人生」です。

●年末恒例の「流行語大賞」のようにスポンサーを付けて、
全国にポストを設置し、「宝くじ寄付」を開催してはどうでしょう。

●寄付した人も、寄付しかなった人も、
興味のある「発表」になります。

★アイデアコンセプト★『 夢のある恒例行事 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。