みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2998号 【 市内「合同体験入部会」 】「3ヶ月有効フリーパス券」で好きなスポーツを選ぶ。

【企画公開日】2015 .10. 8.(木)

2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、国は「スポーツ庁」を発足するなど、
スポーツ振興に力を入れていますが、足元ではスポーツをしない子供たちが増えています。

私は野球で小学生の子供たちのスポーツに関わっていますが、個人的な肌感覚として、
スポーツをする子供たち自体が減っていると感じます。

「野球にするか、サッカーにするか」ではなく、
「スポーツをするか、しないか」とレベル。
正直、競技同士で子供たちを取り合っている場合ではありません。

そこで、少しでもスポーツに接してもらうために、
自治体レベルでいいので、こんなイベントはいかがでしょう。

▼【 市内「合同体験入部会」 】

●例えば、野球。

市内の一番いい野球場で、市内の各チームから選抜された野球選手(小学生)が集まり、
「オールスター戦」を開催します。この試合は市内のチーム交流を兼ねて、
野球を始めてみたい子と親が見学・体験する場です。

●試合はショートゲームで3回までとし、体験希望の親子は試合を観戦後、
試合をした子供たちと一緒に野球の練習を体験します。

●市内の立派な野球場でハツラツと試合をしていた子供たちと
体験の子が接することで、野球の醍醐味と憧れを抱きます。

●また、違い日では一面芝が生えている立派なサッカー場で
同じように選抜された子供たちがサッカーのオールスター戦をして、
実力をいかんなく発揮し、かっこいいところを魅せます。

●そして、野球と同様に試合後は、選手たちと体験者が一緒に
練習を楽しみ、サッカーに親しみます。

●これを市内にあるスポーツクラブが全て実施し、様々な体験会を開催します。
野球やサッカーだけけでなく、バスケやバトミントン、ドッチボールに
力を入れている地域もあります。

今、開催中のラグビーも実は知らないだけで、
小学生のラグビーチームが地元にあるかもしれません。

●そんなスポーツクラブの“見本市”のようなイベントを自治体が主催し、
地域の競技人口の増加に貢献します。

●このイベントに参加後は、各自で興味のある各競技のチームへ
体験入部することができます。その際、強引な勧誘が懸念されますので、
自治体が発行する「フリーパス」を持参し、体験入部をします。
※このパスがある場合は、個人情報は聞かないことがルール。

●フリーパスは3ヶ月有効で、パスの発行時に任意でスポーツ保険に加入でき、
万が一、体験中に怪我をしても保障されますので安心です。

●国がスポーツに力を入れるとはいえ、末端では各チームの自助努力で募集・運営を
しているのが現状です。決してすべての子供たちにスポーツを勧めるわけではなく、
きっかけさえ作れば、かなりスポーツに目覚める子供たちが増えると個人的に思います。

●足が速く、体が大きい子だけが活躍するスポーツばかりではありません。
それぞれ自分の興味や特徴にあったスポーツを選べば、
きっと日本のスポーツ人口は増えると期待しています。

★アイデアコンセプト★『 広く浅くできっかけ掴む 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。