みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2897号 【 スポーツ大会支援 レンタカー編 】安全はもちろんだが、1円でも安い方法を探している・・・。

【企画公開日】2015 .5. 8.(金)

今週末、次男の野球大会があります。毎度のことですが会場は遠く、高速道路を使っても、
2時間かかります。。。(でも、もっと遠いチームは他にもあります)

保護者は、少しでも交通費の負担を減らすため、参加人数(子供+親)により、
自家用車を使うか、マイクロバスを借りるか悩んでおります。

そこで、実体験をもとにこんなサービスを考えました。
ブランドの浸透にも貢献するかも!?

▼【 スポーツ大会支援 レンタカー編 】

●レンタカー会社が大会を支援(スポンサー)します。
スポンサーになれば大会要項やホームページで宣伝できます。

●ただ宣伝するだけでなく、大会参加チームに対しては、
特別プランを用意し、交通費の削減に協力します。

《特別プラン その1》
通常価格より1割引(仮)。少しでも安いに越したことはありません。
また、参加人数により「マイクロバス」がいいか、ワゴン車のロングがいいか、
提案してくれます。「早割」もあるといいですね。

《特別プラン その2》
時間貸し。通常6時間、12時間、24時間などの単位で、
貸し出しますが、1時間単位で料金を計算してくれると助かります。

《特別プラン その3》
雨天中止の場合、借りる直前(例えば1時間前)までキャンセル料無料。
このサービスは本当に助かります。野球など、雨天中止がある場合は、
雨予報の時、本当に困ります。

●とても都合勝手なプランですが、正直、スポーツはお金がかかります。
強いチームほど、試合数も遠征も多く、負担が増大します。

●大会スポンサーの多くは、スポーツ用品メーカーや飲料水メーカーが
多いですが、交通費削減をサポートするスポンサーがあってもいいと思います。

●それこそ、バス会社がスポンサーとなり、複数のチームが乗り合いで
バスを一台借りれる仕組みがあると、より安価に遠征に行けそうです。

●大会には、多くのチーム・人が参加するので、需要は必ずあります。
顧客との接点も増え、まとめて受注できる可能性も高いです。

●また、子供の時によく利用したレンタカーは、
大人になっても利用してくれる可能性があります。

●今の20代の若者は車への所有欲がなく、買わないそうです。
レンタカーやカーシェアを多く利用することを想定すると、
小中高生の時に「知ってもらう(ブランド浸透)」ことも
長期戦略として重要だと思います。

★アイデアコンセプト★『 需要の起点を探せ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議