みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2875号 【 お客様は訪日外国人 結婚式場編 】日本の「挙式」も観光資源。

【企画公開日】2015 .4. 2.(木)

長男と「東京見物」に出かけた際、予想はしていましたが、
本当に外国人旅行者が多かったです。

浅草で着物を来た外国人の行列を見た時は、
本当にびっくりしました。。。

さて、日本にはいろいろな観光資源がありますが、
こんな「観光ネタ」はいかがでしょう?

結構、独自に進化しているネタです。

▼【 お客様は訪日外国人 結婚式場編 】

●結婚式場の「訪日外国人ツアー客向け」のサービス。
訪日外国人ツアー客一行の中で、
「模擬挙式」を希望する夫婦(あるいはカップル)を1組決めます。
自薦他薦は問いません。※現地に到着する前に決めておきます。

●この夫婦は結婚式場に着くと、別室で衣装やメイクの準備をします。
その間、他のツアー客は披露宴会場で「日本の結婚式」を映像で
鑑賞します。日本の「結婚式」の歴史から現在の挙式のトレンドまで。

●鑑賞時間は30分。鑑賞後、実際の披露宴用の料理が運ばれ、
ツアー客は料理を堪能します。

●食事をしはじめて30分後にいよいよ「新郎新婦」の登場です!

●司会者の進行のもと、実際の挙式の段取りで、
新郎新婦の入場から始まります。

●その後、実際に披露宴で行われている余興やイベントを
ツアー客が参加しながら、楽しみます。
※余興の間に新郎新婦が食事をします。

●そして、記念撮影をして終了です。所要時間は約2時間。
これは、ツアーの一環として食事を兼ねたイベントです。

●いかがでしょう。このネタなら、地方の結婚式場でも提供でき、
日本の文化に触れるほか、気に入ったら再来日して、
本当の挙式を挙げることになるかもしれませんよ。

●結婚式場にとってもインバウンドの波に乗ることができます。
平日の稼働率をあげることも期待できます。

●独自の進化を遂げた「日本の結婚式」は
貴重な文化であり、観光資源です。

★アイデア軸★『 ガラパゴスは日本が誇る文化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議