みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2853号 【 無料サンプルの受け取り秘策 】今時、個人情報欲しさに「無料サンプル」は古い!?

【企画公開日】2015 .3. 3.(火)

サラリーマン時代、通販会社に勤めていました。今も昔も「無料サンプル」で
見込み客を集め、得た住所に執拗に販促し、注文を得ます。

未だにテレビでもネットでも「無料サンプル」で住所集めをしていますが、
企業の情報漏洩が後を絶たない現状で、どれだけの効果があるのでしょう?

もし、住所を言わなくても無料サンプルがもらえたら、
今まで見向きもしなかった顧客層が振り向いてくれるかもしれません。

そこで、こんな方法を実験的に挑戦してみてはいかがでしょう。
やる価値はあると思います。

▼【 無料サンプルの受け取り秘策 】

●通販で告知する際、こう言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当社の無料サンプルは、お客様のご住所を言わなくても
受け取ることができます! お名前だけで結構です。
受け取りは、お近くのコンビニでできます!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《無料サンプルの受け取り方法》
(1)通販会社に電話をします
(2)受付で「お名前」と受け取りたい「コンビニ名」を伝えます。
   ※コンビニは指定の提携先コンビニに限定
(3)後日、指定したコンビニへ行き、「名前」を言えば、
   店員さんが「無料サンプル」を手渡してくれます。

●この方法なら、とっても簡単で住所を言わなくても「無料サンプル」を
手にすることができます。警戒心の強い方でも申し込みしたくなります。

●この仕組みを活用することで通販会社のメリットは、

(1)「無料サンプル」の申し込み件数のUPが期待できます
(2)受け取り先を提携したコンビニにすることで、
   通販会社は配送料などのコスト低減ができ、
   コンビニは来店者数を増やすことができます。
   ※配送にはコンビニの配送システムを活用します
(3)レジで手渡す際、おおよその年齢層や
   顧客属性の情報が得られます。
   ※レジ係が判断します

●コンビニは来店客数UPだけでなく、「無料サンプル」と一緒に
自店のキャンペーンチラシを一緒に手渡すことで、より販促に
活かすことができます。
※通販での受付の際、「店頭でチラシも受け取りください」と伝えます。

●受け取り先はコンビニでなくても、地域の食品スーパーでも、
大型ショッピングセンターでもアパレルショップでもいいと思います。
※ただし、配送網が活用できる全国展開している店舗が理想

●名の知れた大企業であっても情報漏洩が頻繁に発生しており、
消費者は個人情報を伝えることに警戒心があります。

●そのため、試しにこんな「無料サンプル」キャンペーンを
実施してはどうでしょう。試す価値はあると思います。

★アイデア軸★『 顧客は何を警戒しているのか? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議