みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2840号 【 smartパーキングカウンター 】混雑を解消し、トラブル軽減。

【企画公開日】2015 .2. 12.(木)

昨日、長男が小学校代表で出場する「継走(駅伝のショート版)」の観戦のため、
県営競技場へ行きました。当初から駐車場の混雑が心配でしたが、案の定、
入り口付近で渋滞。。。

駐車台数を超えているのにどんどん駐車場へ入っていくので、
駐車場内を走る車が増えて事故の危険もありました。

駐車台数が超える前に止めないといけないのですが、
テーマパークなどの施設でない限り、出入り口で管理するのは難しいでしょうね…。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
このサービスはコインパーキング会社が提供します。

▼【 smartパーキングカウンター 】

●「smartパーキングカウンター」はスマホのアプリです。スマホを横にして使います。

画面の右側:《入場》
画面の左側:《退場》
画面の下部:《残りの駐車台数》

●駐車場の出入り口付近でスタッフが駐車場に車が入場したら、
画面の右側:《入場》を1タッチ。
駐車場から退場したら、
画面の左側:《退場》を1タッチ。

●作業はたったこれだけ。予め駐車可能台数を入力しておけば、
画面下部の《残りの駐車台数》が増減し、リアルタイムで駐車可能台数が把握できます。

●駐車場の入場口と退場口が離れていても常に情報を共有しているので大丈夫。
複数箇所の入退場口でも使えます。

●また、誘導係りも入場できる台数がリアルタイムに把握できるので、
事前に入場を制限でき、他の空いている駐車場を案内することができます。

●駐車可能台数に近づいたら、アラームとバイブで知らせてくれると
より安心して誘導できますね。画面を常に見ている必要がなくなります。

●イベントの参加者に「駐車場状況」としてイベント告知の際に
アプリを紹介しておけば、参加者もスムーズに駐車場を探すことができます。

●こんなアプリがあったら、結構便利じゃないですか?

●このアプリをコインパーキングを運営している企業が提供し、
無料で使えるにしたら、イベント関係者はとても助かります。

●企業側としたらイベント会場の駐車場が満車の場合、
最寄りの有料駐車場の案内ができます。アプリのダウンロード数が増えることで、
一般ユーザーとの接点が増え、さまざまなプロモーションに活用できます。
イベントで告知してくれるので、まとまったダウンロードが期待できます。

●地域のスポーツイベントやお祭りなどの催事イベントでは、
専門に教育を受けたスタッフが駐車場管理をするわけではないので、
アプリ内に「駐車場管理の手引き」などの教育システムがあると、
なお素晴らしいですね。

★アイデア軸★『 地域イベントに最新テクノロジー 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議