- みんなの企画部。企画書ネタ・販促アイデア・新規事業プランが誰でも自由(無料)に使えるウェブサイト - http://www.witem.co.jp -

第2819号 【 イベント便利ピンポイントマップ 】これでスタッフの負担も軽減できそう。

週末に長男が地元の出初式に参加するので、家族で観に行きました。
はじめて観た「出初式」。本当にはしごの上で演技(はしご乗り)するんですね。。。
また一斉放水は音楽に合わせて噴水のように放水していました。(演出が素晴らしい!)

さて、屋外のイベントでは駐車場やトイレ、受付、出入り口の場所など、
参加者にとって知りたい情報がたくさんあります。

そこで、スマホでよく利用する地図アプリが「イベントマップ」として、
代用できたら、とても便利だと思おます。

▼【 イベント便利ピンポイントマップ 】

●イベント会場の入り口でこんな告知をします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○○マップ(仮)で当地を検索していただければ、
「イベントマップ」が表示されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、地図アプリ上で「現地」を表示すると、
イベント会場に設営された
◎本部
◎駐車場
◎トイレ
◎救護室(AED)
◎出入り口などが、ピンポイントで表示されます。

●すると、何が便利か?

●今自分がいる場所(現在位置)がGPSで表示されるますので、
すぐに自分が行きたい場所がわかります。

「トレイどこ?」という“緊急事態”でもすぐにわかります!

●現地でも看板などで表示しますが、多くの人が持つスマホでこれらの情報が観れたら、
イベントスタッフの負担も軽減されると思います。
また、避難経路の表示ができたり、出店情報もわかればなお便利ですよね。
(出店情報は広告費をもらえるビジネスモデルができるかも!?)

●マップ上の情報はイベント主催者が編集でき、期間限定で公開できます。
※地図アプリへの登録は、イベント会場の管理者が行います。

●多くの「イベントマップ」は、パンフレットや現地で
配布するチラシなどの紙媒体に掲載されていますが、
スマホ上なら常に最新の情報に更新でき、イベント告知に利用したり、
緊急事態にも対応できます。

●もちろん、イベント告知のポスターやホームページで
事前にこの「イベント便利ピンポイントマップ」を
告知しておくとより便利だと思います。

●地域の小さなイベントでも何かトラブルが起きると管理者席が問われるので、
多くの人がよく利用する地図アプリで「イベントマップ」が公開できたら、
主催者も参加者も心強いと思います。

★アイデア軸★『 広範囲からピンポイントに 』