みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2817号 【 新種アクティビティー 】まるで自分が飛んでいるよう!

【企画公開日】2015 .1. 8.(木)

年末に我が家恒例の家族旅行に出かけました。
今回は島へ渡り、海鮮料理を堪能しました。

(もし、夏に来れたら海水浴が楽しめるスポットなのですが・・・)

冬季はオフシーズンになるのですが、オフシーズンでも
楽しめるアクティビティーがないか、ちょっと考えてみました。
それは、バーチャルのようでバーチャルでないアクティビティーです♪

▼【 新種アクティビティー 】

●使う道具は、「ラジコン」と「アクションカメラ」です。

●例えば、海が美しい観光地の場合。夏は海水浴ができますが、冬は泳げません。
そこで空撮ができる「ラジコンヘリ」を使い、新種のアクティビティー!

●「ラジコンヘリ」を時間単位でレンタルします。
操作方法のレッスンを受けたら、いざ、発進!

●子供が操作をして、親は自分のスマホか、レンタルのタブレット端末で
リアルタイムに空撮された映像を楽しみます。

●子供はラジコンヘリの操作を楽しみ、親はまるで自分たちが
空を飛んでいるかのような映像に驚きつつ、
海の美しさや島の風景に見とれます。。。

●これなら、泳げなくてもシーズンオフでも、十分楽しめますよね!

●また、海でなくても山でもできますね。
風景が美しい観光地ならどこでもできます。
※飛行禁止区域は設定し、安全には配慮いたします。

●さらに「ラジコンヘリ」以外にも、「ラジコンボート」でもカメラを搭載したら、
迫力のある映像が撮れます。水面を猛スピードで走る様子や水中の映像も可能です。

●撮った映像は動画として保存できます。保存した動画は、帰宅後、
友達や親族に見せることができます。そんな迫力のある映像をみせられたら、
行かずにはおけませんよね!

●操作方法や墜落した場合などリスクはありますが、それをクリアできたら、
かなり面白い家族(複数人)で楽しめるアクティビティーになると思います。

●シーズンオフの人が少ない時期にできるアクティビティーを考えて、
シーズンオンもオフも両輪で誘客しましょう。

★アイデア軸★『 オフ独特の楽しみ方を探す 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議