みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2795号 【 合同卒団式 】野球人口の減少を食い止める!

【企画公開日】2014 .11. 21.(金)

いよいよ長男の少年野球チームも卒団が近くなりました。
今週末の3連休で残り3大会の試合をこなし、
負ければ終わり、勝てばもう少し続くという状況です。

私が聞いた範囲内ですが、小学校で野球をやっていても
中学校で野球をやる子は約半分に減るそうです。
この割合が高いか低いか、わかりませんが、
一人でも続けてくれると嬉しいです。

そこで、こんなイベントはいかがでしょう。
プロ野球もオフシーズンなので、
ぜひ、子供達にエールをお願いします。

▼【 合同卒団式 】

●例えば、東海地区ならナゴヤドームで合同の「卒団式」を行います。

各地から集まった少年野球チームを卒団する6年生が集まり、
バリバリの現役プロ野球選手を呼び、合同で卒団式を行います。

●この時期ならプロ野球もオフシーズンのため、
現役選手でも参加することが可能です。

●式典というよりはプロ野球選手と触れ合い、より野球が好きになってもらい、
中学校でも野球を続けてもらうことが目的。

●日本の野球を盛り上げるには裾野を広げることが第一です。
野球用品メーカーも野球人口を一人でも増やすたいでしょう。

●そのため、プロ野球球団とメーカーが協力して、
様々なイベントを行います。

●また、中学では硬式野球へ行く子も増えるので、
シニアのクラブチームとの接点にも活用できます。

●子どもの人口が減少するばかりか、競合するスポーツも増え、
さらにスポーツをしない子も増えています。

●そのため、野球に限らず、サッカーでも部員の数が足りず、
廃部になることが少なくないそうです。

●日本ではメジャーなスポーツである野球ですが、
そこに胡座をかかず、進路選択が迫る少年野球の卒団式こそ力を入れ、
接点を増やしてはいかがでしょう。

★企画の一番搾り★『 終わりこそチャンス! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議