みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2751号 【 誕生月は高速代1,000円! 】高速料金が安くなればあちこち出かけたくなる!

【企画公開日】2014 .9. 17.(水)

「ETC割引+宿泊パック JTB系、秋の旅行商品  宿泊とETC割引がセットになった
『ドラ旅パック』を発売した。秋の観光シーズンに向けてドライブ旅行をしてもらおうと、
NEXCO中日本と商品開発、周遊エリア内なら高速道路が乗り降り自由になる」(日経MJ 2014.09.10)

いい企画じゃん! と思いつつ、高速料金ってNEXCOで変えられるんだと思いました。
(言われてみれば民間企業だからできるだなぁ…)

だったら、こんな企画はいかがでしょう。景気回復、地方振興にも、
みんなが年中動き回った方がいいと思います。

▼【 誕生月は高速代1,000円! 】

●企画としてはとっても単純な発想で、ETCカードの登録者の生まれた月(1回限定)は、
高速料金を1,000円(仮)にしてしまうのです。例えば、私なら10月。

●10月に1回だけ高速料金がどれだけ乗っても1,000円にします。
こんなサービスがあったら、その1回に合わせて家族旅行を予定し、出かけますよね。
もし夫婦でETCカードを持っていたら、夫と妻で年に2回1,000円で高速乗り放題です。

●結構な経済効果が期待できます! 割引される月を誕生月にしたのは、
できれば利用者が偏らないようにするため。生年月日はおおよそ年中ばらけており、
利用者が偏ることも少ないですから、シーズンに関係なく、経済効果が期待できます!!
(お盆や正月の帰省時期に生まれた人は得ですが、それはラッキーということ)

●では、ETC割引の原資はどこから得るのか?
それは、旅行会社やテーマパークなどの広告費で賄います。

●例えば、私の誕生月が10月なので、前々月の8月に、NEXCOから
私のところ(ETCカードの持ち主)に「お誕生日BOX」が届きます。

●「お誕生日BOX」には、旅行プランやテーマパークの招待券、
各観光地や旅館・ホテルの割引券や広告が入っており、
これらの情報を元に旅行計画を立てることができます。

●広告主は、自社の広告や割引券をNEXCOに送ることで、
NEXCOが送り主としてETCカードの持ち主にまとめて送ります。

●つまり、NEXCOが発送代行の役割となり、
広告主から「広告料+発送経費」をいただくことで
ETC割引の原資にするのです。

●広告主には個人情報はわかりませんが、
《どのエリアに住む》《年齢》《男女》などの属性から
《エリア別人数(発送件数)》の情報はNEXCOから教えてもらえるので、
販促計画を立てて「広告物」を制作し、発送代行を依頼します。

●広告主にとってはかなりピンポイントで販促ができるので、
広告費の無駄が少なく、より手厚い割引やプラン提案ができます。

●また、いくら1,000円乗り放題でも100%使うわけではないので、
その分NEXCO側も利益になります。

●景気の「気」は、気持ちの「気」と言われますが、
何かキッカケがあれば旅行したり、買ったりと出費をしますので、
上手なキッカケ作りをしたら、もっと経済が動くと思います。

★企画の一番搾り★『 上手なキッカケ作り 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議