みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2740号 【 ランドセルの恩返し 】買ってくれた祖父母へに感謝を込めて。

【企画公開日】2014 .9. 1.(月)

息子たちはきょうから2学期。学校へ行く準備をしている長男を見て、
気づいたことがあります。長男は6年生ですが、ランドセルが本当にキレイなのです。

(私の記憶では、私のランドセルはボロボロだったけど…)

私の扱いが悪かったのか、今のランドセルが丈夫なのか、
長男のランドセルはもう6年間使えそうなほどキレイでした。
だから、ランドセルのリメイクサービスがあるんでしょうね。

今のランドセルのリメイクサービスは、ネットで調べるとすごいですね!
財布やキーケースにはじまり、小物入れやパスケースなど、
さらに、実用的なショルダーバックやトートバッグまで作れるそうです。
やっぱりカバン自体が丈夫だからでしょうか。

そこで、こんなアイデアがヒラメキました。
ランドセルを買ってくれた祖父母への感謝の気持ちをランドセルで。

▼【 ランドセルの恩返し 】

●お盆前に「ランドセル」のCMが流れていたのに気づいた人もいると思います。
これはお盆中に帰省すると、孫のために祖父母がランドセルを
買ってくれるからだそうです。(商売上手ですね〜)

●我が家もそうでしたが、子供のランドセルは祖父母が買ってくれたというご家庭は
少ないないと思います。しかし、せっかく買ってくれて6年間も愛用したのに
使い終わった後、祖父母へお礼をしたという話は聞いたことがありません。

●そこで、6年間愛用したランドセルをリメイクして、
祖父母へ財布やカバン、キーケースなどを贈ってはどうでしょう。

●例えば、お盆前に専門業者のホームページから
「リメイクカタログ」をダウンロードし、出力しておきます。
そして、お盆の時、祖父母に会ったらこう言って提案します。

孫「おじいちゃん、おばあちゃん、私のランドセルで、
こんなモノが作れるの。(カタログを見せる)
来年卒業したら、私のランドセルでおじちゃんおばあちゃんのために
何か作ろうと思うけど、何がいい? ここから選んで」

●孫が使っていたランドセルから財布やカバンができたら、
それはそれは喜ぶのではないでしょうか?
今の高齢者はアクティブな方が多いので、より外出用の小物は嬉しいと思います。

●今までのリメイクサービスは、記念に残したり、自分用でしたが、
実際、中学生が使うかというと使わないし、
親世代でもまだ自分好み(ブランド)の小物を持ちたいから、
子供が使ったランドセルとはいえ、喜びはそれほどではないと思います。

●それより祖父母の方が喜んで持ち歩いてくれて、
友達に自慢するほどではないでしょうか?

●だから、小学校を卒業したら発注して、
その年のお盆か正月に完成品を手渡ししたら、
とてもいいイベントになりそうです。

★企画の一番搾り★『 感謝の気持ちをカタチに 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議