みんなの企画部

2567

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2622号 【 人生楽しもう♪ 私の書斎化計画! 】子どもが家を出て行ったら。

【企画公開日】2014 .3. 5.(水)

自分の時間を楽しむ大人(親世代)が増えてきたと思います。

趣味をはじめ、地域での活動にも積極的になり、旧友たちとバーベキューをしたり。
定年まで仕事一筋もいいですが、年を取ってはできないこともたくさんあります。

そこで、こんな「提案」はいかがでしょう。
自分に目覚めるちょうどいい機会だと思います。

▼【 人生楽しもう♪ 私の書斎化計画! 】

●子どもたちが、進学や就職で実家を出て行ったら、
「子ども部屋」を「私の書斎」にする提案です!

その名も
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ★人生楽しもう♪ 私の書斎化計画!★

子どもが実家を出て行ったら…
「子ども部屋を自分の書斎にしてみませんか♪」

 ◎あなたの趣味に応じたプランがあります!
 ◎部屋の広さに応じたプランがあります!
 ◎部屋を分割して、夫婦別々の書斎化するプランもあります!
 ◎子どもが帰省した時の「ミニ寝室」プランもあります!

リフォームまでお金を掛けなくても、インテリア、壁紙、
カーテン、床材を変えるだけで、自分仕様の書斎が完成します。

もちろん、お子様の思い出の品を大切に保管する方法も
一緒にご提案いたします。お気軽にご相談ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●この提案は、インテリアショップがいいでしょうね。

●(子どもが出て行ったらすぐに模様替えなんて…)と思っていたら、
いつまでたっても“子離れ”できませんよ!
子どもだっていつまもで干渉されたくはありません。

早々に実家の「自分の部屋」がなくなった方が、
自立への決意も固まるでのはないでしょうか?(実際、私がそうでした)

●さまざまなライフステージに応じて、販促キャンペーンやイベントをしていますが、
華々しい進学・就職の新生活への提案だけでなく、
子どもが出て行った後(子ども部屋)の提案もユニームだと思います。

●若年層より中高年層の消費の方が活発で、自分の時間を楽しむ傾向が強くなったので、
ぜひ、子離れを機に「第二の人生」を楽しむ提案をしてみてはいかがでしょう。

「第二の人生」が定年後では寂しいです。

★企画の一番搾り★『 “空いた場所”が狙い目 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。