みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2567号 おせち料理をデコる日 〜 子どもが“おせちデザイナー” 〜

【企画公開日】2013 .11. 29.(金)

紀文食品によると現在でも家庭の8割がかまぼこなどの単品料理を
購入して自宅で重箱に詰めており、残り2割が重箱に入った
おせち料理を百貨店かスーパーで購入するそうです。(日経2013.11.29)

昔々は年末に家庭で作っていたおせち料理ですが、
現在は「詰めるおせち料理」で、もうすぐ「買うおせち料理」が
主流になるのでしょうか? (年末は何かと忙しいですから…)

さて、「詰めるおせち料理」が多いとはいえ、
ただ詰めるだけでは面白くないですよね。

そこで、年末にこんな「イベントの日」を設けてはいかがでしょう。
それこそ、親子で楽しみながらのイベントです。

▼『おせち料理をデコる日』

●スーパーや百貨店でこんなパンフレットを配布します。
仕様:A3二つ折り 片面(A面)モノクロ 片面(B面)カラー

◆A面…方眼用紙になっており、重箱を上からみた図(正方形)が
    片側に2つずつ描かれています。
◆B面…カラー面には単品料理の一覧が載っており、A3の片面(左)には、
    既製品で、もう片面(右)には「手作りおせち単品」が載せてあります。
※「手作りおせち単品」が家庭で簡単に作れるおせち料理のレシピです。
  材料はお店で手に入るものばかりです。

●このパンフレットは、12月上旬から配布しはじめます。
狙いは、簡素化しつつあるおせち料理をもっと楽しんでもらうためです。

●子どもと一緒に絵を書きながら、
◎重箱の彩り
◎縁起物
◎美味しさ
などを考えます。

●「キャラ弁」のようにおせち料理の中に「キャラ」が彩られているのも
楽しいですね。小さいお子さんにとっては、楽しいおせち料理になります。
(おせち料理はどちらかというと大人向けですからね…)

●自宅で子どもと一緒に描いた「おせち設計図」を基に、
年末スーパーの「おせち料理売り出しセール」に行き、
食材を買い込みます。

すでに買う予定が決まっているから、お買い物も早くなり、
お店側も売り場の混雑が緩和され、助かりますね。

●買い込んだら、さあ、おせち料理をデコります。
昔、テレビCMで「きょうは手巻きの日」という映像が流れていましたが、
まさに「きょうはおせちをデコる日」を設けてはいかがでしょう。

●おせち料理の「意味」を教えながら、親子で正月のおせち料理を作ったら、
きっと楽しい年末が迎えられそうです。

●パンフレットには「当店限定一品」を掲載するなど、
販促アイデアをお店ごとに盛り込みます。

●また、「おせちデコ大賞」などコンテストも面白そうですね。
毎年写真に撮っておけば記念にもなります。

企画の一番搾り『 イベント化しよう! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議