みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2455号 「父の日」の福利厚生 ~ お父さんは“いい顔”しよう♪ ~

【企画公開日】2013 .6. 12.(水)

私の想像ですが、
「母の日」のお母さんは、いつも子どもの面倒や家事をしているから、
この日ばかりは外食して美味しいものを食べたいと思っており、
「父の日」のお父さんは、自宅で家族一緒に食事をしたいと思っているのでは。

どうでしょう?

「父のあり方」は、家族によって様々だと思いますが、
世のお父さんの多くは、やっぱり家族には「いい顔」したいと思っているはず。

そこで、お父さんが家族に「いい顔」できるように勤め先の企業が
サポートするというサービスはいかがでしょう。

余計なお世話かもしれませんが…(苦笑)。

▼『「父の日」の福利厚生』

●「父の日」は、自宅で家族一緒に食事をしたいという
お父さんの「希望」を叶えるためのサービス。

しかし、「その日くらい外食したい」というお母さんの意見もあると思いますので、
そんな両者の折衷案ということで、父の日は「お取り寄せ」というのはいかがでしょう。

「お取り寄せ」費用は、勤め先の会社持ち。
つまり、福利厚生の一環。

●会社は、お取り寄せができるサービス業者と法人契約を結ぶと、
正規の価格より安くお取り寄せができるようになります。
会社にとっても助かります。

●とは言っても、お父さんが選んだ「お取り寄せ」が家族に不評だったら、
逆にマイナスになってしまいますので、「お取り寄せ」は家族に選んでもらいます。

●選ぶ方法は、「お取り寄せ」可能なメニューをパンフレットか、
WEBサイト上で表示し、そこから選んでもらいます。

これなら家族も喜びますよね。
選ぶ時は「家族会議」が開かれ、その光景を眺めるのも
お父さんは嬉しいと思います。

●注文は1週間前までとし、「父の日」の当日に「お取り寄せ」が届きます。
この日ばかりは、お父さんはちょっといい顔をして、
自宅で家族一緒に美味しい食事が堪能できます。

●このイベント企画によって、「お取り寄せ」をしたことがなかった新規客が
増える可能性があります。「物はネットで注文するけど、食べ物は…」という方も
まだ多いのでは?

●そのため、お取り寄せ業者は「父の日」や「母の日」などのイベントをキッカケに、
しかも、企業を通じて販促を仕掛けてはいかがでしょう。

●期待を裏切らなかったら、半信半疑だったユーザーこそ、
リピーターになってくれます。

       ***企画の一番搾り***

      『 急がば回れ戦略 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。