みんなの企画部

2580

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2446号 「新規免許取得」プロジェクト ~ 各業界で協力し合っては? ~

【企画公開日】2013 .5. 30.(木)

「こんなに高かったかな…?」

今、自動車学校に通うと「普通AT」でも30万円以上するそうです。
そりゃ、免許を取らない若者も増えるわけです。

だって、免許を取得して自動車を乗り始めてからも
自動車ローンだの、保険だの、ガソリンだの、税金なの、
お金がかかりますからね…。

(私ですら、できれば手放したいと思っています)

そこで、各業界をあげて新規で免許を取るキャンペーンを
してはいかがでしょう。免許保有人口が減れば、
市場も確実に縮小していきます。。。

▼『「新規免許取得」プロジェクト』

●自動車免許を取得する若者が減れば、
確実に自動車業界をはじめ、その関連市場は縮小していきます。

●はっきり言って、競合他社と価格競争をしている場合ではありません。
今すぐにでも関連業界と連携して、「新規免許取得」プロジェクトを
始めるべき。

●例えば、免許取得に30万円かかるのであれば、
この30万円分を3つの業界で負担しあいます。

一つは、自動車業界。
新規で免許を取得し、取得後1年以内に
自動車を購入した20歳までの若者には、
10万円のキャッシュバックが受けられる。

もう一つは、保険業界。
上記と同じ条件で、20歳までの若者には、
1年間の自動車保険を無料(約10万円)とする。

そして、ガソリンスタンド業界。
条件は上記2つと同じで、毎月5000円分の
ガソリン代を1年間負担します。

●以上のようなサービスを業界同士が協力し合って、
若者の免許取得を応援してはいかがでしょう。

●とにかく免許取得という「入口」が狭まってしまえば、
将来、確実に市場は縮小していきます。

●タダでさえ、少子高齢社会で縮小していくのに、
「自動車なんて金ばっかりかかるし、魅力ないし」
と若者がそっぽを向いたら、さらに縮小が加速していきます。

●また、カーシェア業界やレンタカー業界でも
「取得後1年間は料金3割引き」という
新規免許取得者への優遇サービスも考えられます。

●賛否両論ありますが、携帯電話業界でも
「新規契約者」や「学生」は優遇しています。
それは、使い続けてくれるメリットがあるからです。

●まずは「入口」戦略を各業界同士で
協力して遂行してはいかがでしょう。

       ***企画の一番搾り***

      『 入口を拡げる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。