みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2418号 「GW親子ツアー」販促策 ~ ねらい目は、休みの取れないお父さん? ~

【企画公開日】2013 .4. 17.(水)

ゴールデンウィーク(GW)の予定はもうお決まりですか?

我が家はもちろん“ベースボールオンリー”です。
4つの大会が同時進行しているので大忙しです。

さて、このメルマガを読んでいる読者のお父さんは、
GWはお仕事ですか? ご苦労様です。

家族のためにがんばって仕事をしているのだけど、
せっかくのGWなのに仕事では、少し家族に後ろめたい気も…(?)

そこにつけ込むわけではありませんが、
こんなキャンペーン販促はいかがでしょう。

▼『「GW親子ツアー」販促策』

●年中無休か、休日出勤が多い企業向けに、「親子体験ツアー」などの
旅行商品を販促してみては、いかがでしょう。

狙いは、GWも仕事のお父さん。

●例えば、旅行代理店が企業向けにこんなツアー企画を販促します。
——————————-
 お母さんと子どもだけでもOK!
 親子で体験ツアー完全パック!!

 すべてコミコミプランなので、
 安心してご参加いただけます♪
——————————-

●旅行代理店は、企業側に直接訪問し、上記企画のポスターを
社員がよく通る通路やロッカーの場所に掲示してもらうよう依頼します。

●このポスターを見て興味を持ったお父さんは、
こんなことを思います。

お父さん「せっかくのGWなのに今年も仕事で、
     子どもたちをどこにも連れて行けなくて悪いなぁ…。
     せめて、子どもにはこんな思い出づくりをプレゼントしようかな」

と。

●家族のためにがんばっているお父さんだけど、
やっぱり遊び盛りの子どもがいると申し訳ない気持ちもあります。

●そのため、お父さんがいなくてもさまざまな体験ができるツアーを
提案するのです。お母さんと子どもだけでも安心して参加できる
パッケージ商品なら、お父さんも薦められますよね。

●今は、サービス業に勤めるお父さんも多く、休日や祝日も
仕事の方も多いです。しかし、子どもたちは学校がお休みだから、
どうしても“休日のミスマッチ”が発生します。

●もし、お父さんから「こんな体験ツアーがあるから行っておいで」と
提案があったら、きっと子どもたちは大喜びですよね。
お母さんも「お父さんが薦めるなら♪」と気兼ねなく参加できます。

●ちょっと“あざとい”販促ですが、理にかなっていませんか?

●えっ、うちのお母さんはオレの許可なく、子どもと旅行へ行く?

まぁ、そういうご家庭もあると思いますが、
やっぱり仕事をしているお父さんには気を使う
お母さんの方が多いでしょう。(希望的憶測)

●また、企業への販促の方が確実で効率的です。
DMで送るのではなく、直接訪問してお願いしましょう。

●もちろん、「企業割引」もつけましょうね。
窓口の総務としても社員の評判がよければ、
次回も喜んで受けてくれると思います。

さぁ、まだGWまでに間に合うかも!?

       ***企画の一番搾り***

      『 狙いは推薦者 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。