みんなの企画部

2477

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2402号 希望大学の「自習ツアー」 ~ 合格したければ実際に行きなさい! ~

【企画公開日】2013 .3. 26.(火)

仕事の関係である有名私立大学へ行きました。

小高い丘の上にあるキャンパスは、それはそれは素晴らしく、
民間ではありえないほどの施設ばかり。

子を持つ親として、(素晴らしい大学だが、授業料が高そう…)と
10年後の教育費について頭をよぎりました…。

さて、私が伺った日は春休みで、普段より学生も少ないそうで、
さらに施設のもったいなさが気になりました。

そこで、こんなイベントを考えてみました。
作られた「オープンキャンパス」より、
受験する学生にはこの方がいいかも。

▼『希望大学の「自習ツアー」』

●そう簡単に言うと、大学の空いている部屋を「自習室」として、
受験希望者に利用してもらうイベント。

利用の際は、大学のホームページから申し込み、
「利用許可書」を取得し、本人のみ利用可能にします。

利用期間は、1日~3日間。

●短期間ですが、憧れの大学で「擬似大学生」を体験することで、
より大学への思いが強くなります。この思いが強くなることが、
1年間の苦しい受験生活を耐え抜くには大切なことですね。

●大学側にとっては、ちょっとした“青田買い”になりますね。

●受験希望大学が複数ある学生は、「自習室のハシゴ」もできます。
春休みを利用してビジネスホテルに1週間泊まり、
1週間の間に、2~3大学を回り、「擬似大学生」を体験します。

●私立大学は特に春休みが長いので、こういうイベントをすることで、
大学の学食を運営する業者にとってもありがたいですよね。

●しかし、このイベントを大学が運営管理するのは大変なので、
旅行代理店が一括で請け負う方が現実的かもしれません。
宿泊ホテルから大学の利用許可まで。

●あるいは窓口を塾・予備校にして、
塾生への特典にする方法もあります。

●子どもの数がどんどん減り、大学側の学生確保への競争は
ますます激しくなりそうです。有名大学とはいえ、安泰ではありません。

●受験生もがんばってほしいが、大学側もがんばってほしい。

       ***企画の一番搾り***

    『 どこでもホスピタリティ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。