みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2201号  乗せるだけでお得!店内チラシ ~ チラシを見ながら、店内販促のお手伝い? ~

【企画公開日】2012 .5. 18.(金)

スーパーにはよく出かけます。一人で。
一番多いのは土曜日の夕方。週末の食事は、三食私が担当しているので、
少年野球の練習後、食材の買出しに出かけます。

しかし、この時間はよく少年野球のお母さん方に会うので、
カートを押している姿を見られるのはちょっと恥ずかしいです。。。(苦笑)

さて、よく出掛けるのですが、奥様たちほど折込チラシはチェックしません。
でも、あれば見て、安い食材を買いたいと思います。

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
チラシを見ながら、店内販促のお手伝い?

▼『乗せるだけでお得!店内チラシ』

●店舗入口の、買い物カートが置いてある場所に「折込チラシ」を置いておきます。

●来店客はその折込チラシを手に取り、買い物カートの前面に差し込むところがあるので
差し込むと…、「あらっ、便利!」

買い物カートを押しながら、「きょうのお買い得品」が載っている折込チラシを見て
買い物ができます。※買い物カートは、チラシが差し込めるように特別に加工します

●奥様の多くが、店内を買い物しながら、食事の献立を考えるそうなので、
チラシも同時に見ていたら、より献立も早く決まりそうです。

●しかし、これだけではありません。
チラシのもう片面、買い物カートの前面の外側はどうなっているでしょう。

ここは「広告面」にします。協賛したメーカーの広告を載せます。
すると、店内はこのメーカーの広告付きの買い物カートで溢れます。

なかなかインパクトがありませんか?

●さらに、買い物を済ませ、レジで会計をする際に、

店「ご協力ありがとうございました」

と言って、店員さんが折込チラシをはずす時にお買い物ポイントを付けてくれます。
メーカーの店内販促に協力いただいたお礼に。

●お客さんは折込チラシを見ながら買い物をしたいだけなのに、
ポイントまでもらえるなんて、なんか嬉しいですね。

●個人的には、折込チラシを転用するより、店内限定のチラシを制作し、
来店客に見ていただく方がよいと思います。
その方が、来店したかいがある、と思ってくれるのではないでしょうか。

●エブリデー・ロープライスのお店には、特に良さそう。
キャンペーンを打ちたいメーカーに協賛していただき、
店内チラシの制作も含めて費用負担していただきます。

●店内を回遊できるように、上手く安値商品を配置し、マップ(店内チラシ)に載せたら、
一人あたりの商品点数がアップするかもしれませんよ。

●行きたくなる仕掛けと行った時に楽しめる仕組みと、帰る際のお得感があれば、
“最強”の販促ですね。

       ***企画の一番搾り***

   『 人は動いているモノに目が行く 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議