みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2179号 住めば都プロジェクト ~ 地元を愛する人がご案内します ~

【企画公開日】2012 .4. 13.(金)

「街コン」って、ご存知ですか? 

街ぐるみで行われる合コンで、今全国各地で開催されており、
「出会いの場創出」と「地域活性化」が融合したイベントとして
注目を浴びています。

やっぱり地方が元気にならないと日本は元気になりませんね!

お祭り的なイベントは、地域に「元気」と「繋がり」を同時に
もたらしてくれるから、どんどん増やしてほしいです。

さて、4月になり、新入学や就職、転職、転勤などで新しい土地で
生活を始めている方も多いと思います。

そこで、地元の人が主催して、こんな「サービス」はいかがでしょう。
今、若者の間でもバスツアーは人気だそうですよ。

▼『住めば都プロジェクト』

●4月になり、新入学や就職、転職、転勤などで、新しい土地で
生活を始めている方向けに、地元の人が「地元」を案内するツアー、
「地元観光ツアー」を始めてはどうでしょう。

●募集方法は、大学や専門学校、企業にPRチラシを配布します。
転入者の多くは、学校や企業なので、地域も経営者団体に
協力してもらい、PRしてもらいます。

●ツアーは、ワゴン車単位で周ります。
コースは、地元の人が考えて決めるのですが、歴史や名所旧跡もいいですが、
地域のスーパーを回り、地元食材や食文化を紹介するのも面白いと思います。

名古屋なら「モーニング」という文化がありますので、
喫茶店店主と語らう場もあると、より地域に親近感が生まれますよね。

遊びに行く場もテーマパークや観光施設もいいですが、地元の人が
遊びに行く普通の公園だったり、川原だったり、広場なども紹介します。
新天地で気疲れした時に、気軽に行ける場があるのもうれしいです。

●また、地域を知るだけでなく、地元の方と知り合いになれることも
地域に溶け込むには大切なことです。観光案内をしてくれた方をはじめ、
その「窓口」をしてくれた団体に「何かありましたら、ご連絡ください」
と言ってもらえたら、とても心強いです。

●さらに、観光案内を一緒にした同じ転入者同士は仲良くなりやすいです。
職場や学校が違うとなかなか知り合う機会がありませんが、
こういうサービスがあれば、「今度、紹介してもらったお店に行きませんか?」
と広がっていきます。

●目だった観光施設や特長がない地域でも、「ケンミンショー」並みの
珍しい食文化や慣わしがあります。それも「観光資源」です。

●住めば都といいますが、本当にそうです。
「郷に入っては郷に従え」と言うように、早く溶け込んでもらうために
この時期、4月から6月を「地元観光ツアー」の開催期間にしては
どうでしょう。

●「街コン」ではないですが、その地域が気に入り、出会いもあったら、
そのまま永住してくれる人が出てくるかもしれませんよ。

地域活性化は、地域住民の本気度にかかっています。

       ***企画の一番搾り***

 『 お祭り(イベント)は絆と元気を取り戻す 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議