みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2019号 宅配便フェアー ~ 月に一回、息子に野菜を送る ~

【企画公開日】2011 .8. 4.(木)

学生~独身時代、自転車(ロードレース、トライアスロン、旅行)にはまり、
“極貧生活”をしていた私に、親が頻繁に自宅の畑で採れた野菜を
ダンボールに詰めて送ってきてくれました。(ありがたいですね…)

さて、最近は学生の親からの仕送り額が減っているそうです。
(親も大変ですからね。。。)

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
「値引き」ばかりが、販促ではありません。

▼『宅配便フェアー』

●その名の通り、宅配サービスがメインのフェアー。
開催店舗は、一般の食品スーパー。

———————————————
★月に1度の『宅配便フェアー』開催!★

本日のみ、指定のダンボール(無料)に詰め放題で、
送料300円(仮)!
———————————————

●箱は、宅配業者に支給していただき、
お客さんはその箱に入るだけ詰め込み、
重さ関係なく、ぽっきり価格で発送できるイベント。

大学生の息子に。
遠くの地で就職している娘さんに。
都会に住む息子家族に。
買い物が不便な実家の両親に。

●毎月1回、決まった日に『宅配便フェアー』を開催します。
日が決まっていると、送る側も受け取る側もそれに合わせて
生活スタイルが決めれるので、助かりますよね。

●もちろん『宅配便フェアー』にあわせて、野菜などを
大量に仕入れるので、必然的に価格も安くなります。

●野菜や調味料、レトルト食品など、予めパッケージ化した商品を
用意しても人気がでそうです。

●地元を離れて暮らしている家族には、地元の食材や調味料って、
嬉しいです。TV番組を観ていると、地域独特の食文化って、
結構ありますよね。

●発送する荷物は、その場で宅配業者に渡せれますので、なお便利です。
宅配業者さんは、その日は店舗に張り付いて受け付けします。

●自分で箱を用意し、食材を詰めて、コンビニなどに持っていくのは、
大変です。今まで送っていなかった人でも、月1回こういうイベントが
あったら、「私も送ろうかしら」と需要が顕在化するかもしれません。

***企画の一番搾り***

『 脇役を主役にしてみる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議