みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第1891号 金曜夜は「お父さん会」 ~金曜日に情報を仕入れて、土曜日に実行~

【企画公開日】2011 .1. 20.(木)

「イクメン」という言葉がありますが、正直私は好きではありません。
(なんだかブームみたいだし、押し付けているようで…)
お父さんが子育てをするのは、ごく自然なことですから。

私が子どもの頃は、近所で、地域で子どもを育ててくれました。
私も父とほとんど遊んだ記憶はありません。しかし、地域の人たちは、
遊んでくれたし、叱ってもくれたし、一緒に喜んでもくれました。

しかし、今は違います。良くも悪くも他人の子には干渉しなくなりました。
だから、お父さんはもっと子どもと接してあげるべきです。

(ゲームや習い事に任せっきりにしていませんか?)

そこで、こんな企画。遊んでもらった経験の少ないお父さんにとって、
同じ仲間や先輩はとても心強いです。

▼『金曜夜は「お父さん会」』

●その名の通り、金曜日の夜に「お父さん会」を開催します。
場所は駅前の飲食店。開始時間は19時。終了時間は21時。

※お酒・二次会は厳禁! 終了したら、即帰宅すること。
出入りは自由。好きな時間に来て、帰りたい時間に帰れます。

●会の趣旨は、子どもと接するお父さんの情報交換会。
この手の情報はネットや情報誌などにいくらでもありますが、
大切なのは、地元のピンポイント情報が得られること。

「自転車の補助輪をはずす練習をするなら、あそこの公園がいいよ。
 あそこは、芝生があるから転んでも平気」

「お金がかからなくて一日遊べる公園なら、あそこがいいよ。
 アスレチックや遊具がたくさんあるし、芝生公園もあるから。
 また、1回50円で足こぎのゴーカードも乗れるよ」

「サッカーと野球、どちらをやるか、お子さんが悩んでいる?
 そういう時期はあるね。そしたら、○○先輩に聞くといいよ。
 ほら、あそこにいる少し小太りの方」

●お父さんの年齢は関係ありません。子どもの年齢で先輩後輩が決まります。
お父さんたちは会に出席した時は、指定の名札をつけます。

———————-
 8歳と6歳の男児
   小島章裕
———————-

●お父さんたちは、先輩や同じ年齢の子どものお父さんから、
遊び場や遊び方、子どもとの接し方や叱り方、スポーツの教え方などを
食事をしながら、情報交換をします。

●お母さん方は幼稚園や学校などの行事を通じて、地域のお母さん方と
友達になったり、情報交換をする機会がありますが、お父さんには、
そういう場がなかなかありません。

●そのため、こんな場が地域ごとにあると嬉しいですね。
我が家は男の子二人ですが、娘さんがいるお父さんも
娘との接し方に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

学校で今流行っていることを他の娘さんのお父さんから聞いて、
自分の娘との会話に活かすこともできます。

●こういう会に、行政やNPOが絡むと強制感や義務感が強くなりますので、
自然に集まり、ゆるい結びつきで地域に増えていくといいなぁと思います。

●金曜日の夜に情報を仕入れて、翌日の土曜日に実践する。
そして、次回、“反省会”をする。(笑)子どもにとっての一年は
大人とは比べモノにならないほど、貴重で密度が濃いのです。

   ***企画の一番搾り***

『 義務ではなく、特権だと思うと楽しい 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議