みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1884号 AED-MENBERS ~有志のセーフティネット~

【企画公開日】2011 .1. 11.(火)

昨日、市民マラソンに参加しました。※詳しくはコラムで
3年ぶりの参加で、本日は体がバキバキです。。。

同じマラソン大会ですが、3年前と変わった点がありました。
それは、AED(自動体外式除細動器)を持ったスタッフが
マラソンコースの2箇所に待機していたこと。

万が一の場合に心強いですよね。そこで、ヘロヘロになりながらも
走りながら考えたアイデアをご紹介いたします。

▼『AED-MENBERS』

////ここからはフィクションです////

長男が市民マラソンに出場するので、応援のため、
コースの沿道で待っていた時のこと。

隣にも同じように子どもの応援に来ていたお父さんがいました。
しかし、普通とは違いました。その方は、背中に【AED】と書かれた
リュックのような物を背負っています。

待ち時間もあり、私は隣のお父さんに話しかけました。

私「大会のスタッフの方ですか?」
隣「いえいえ、違いますよ。きょうは息子の応援です」
私「そうですか。背中に【AED】を持っていらっしゃるから、
  スタッフの方かと思いました」
隣「実は、この【AED】はボランティアなんですよ」
私「ボランティアですか!?」

このマラソン大会では、【AED】の使い方の講習を受けた経験の方を対象に
『AED-MENBERS』として、【AED】を貸し出すサービスをしています。

隣「息子がスポーツを始めたのをキッカケに、コーチ指導の講習を受けた時、
  【AED】の使い方を覚えたのですよ」
私「他にも、たくさんいらっしゃるのですか?」
隣「この大会では、大会スタッフ以外で5台を『AED-MENBERS』に
  貸し出しているようです」

『AED-MENBERS』は、大会が始まる前に大会本部で登録すれば、
参加することができます。※登録資格は、講習を受けた経験のある方

『AED-MENBERS』は、大会中、どこで観戦していてもOKですが、
万が一の時のために、常に携帯電話は受けれるように待機している必要があります。

私「すばらしいことですね。私もできるように覚えたくなりました」

////フィクションはここまで////

●私はおそらく、キッカケがあれば「人の役に立ちたい」と思っている人が
たくさんいらっしゃると思います。

●【AED】が使われないことがいいに決まっていますが、
【AED】が使える方は、どんどん手を挙げていただき、
万が一に備えてほしいと思います。

●また、そうすることで、より【AED】を使えることが特別なことでなくなり、
一般の方にも広がるような気がします。

●『AED-MENBERS』は、スポーツ大会だけでなく、
お祭りやイベント会場でも協力できる場がありそうです。

   ***企画の一番搾り***

   『 みんなで支えあう 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議