みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1774号 目指せ!アートタウン構想 ~白地ではもったいない~

【企画公開日】2010 .7. 16.(金)

蒸し暑い夏でも自転車で名古屋市内を疾走しています。
今は突然の雨が一番困ります。そのため、鞄には雨対策グッズを
必ず常備しています。

さて、名古屋市内のビルを見渡すと袖看板に白地が目立ちます。
そう空室が多いのです。不況になると空室が多くなるようですが、
白地が多いと、それだけで“寂れた感”が増します。

そこで、この白地をキャンパスにしてみては
いかがでしょう。

▼『目指せ!アートタウン構想』

『目指せ!アートタウン構想』のホームページをみると、
街中の空き看板の写真が掲載されています。

袖看板だったり、屋上看板だったり。
縦長のモノからたたみ16畳サイズのモノまで。

多くが白地で、サイトにはこんなキャッチコピーが
書かれています。

————————————-
 あなたの作品を街に飾りませんか?
 お好きな“キャンパス(看板)”を
 お選びください。
————————————-

「このサイズでこのカタチの看板なら、私の作品にぴったり!」

サイズやカタチだけでなく、周りの風景や人通りなども考慮しても
面白い作品ができそうです。

そんな空き看板を写真で選んで、自分の過去の作品や展示したい絵柄を添付して
サイトから申請します。審査後、了承されると許可通知メールが届きます。

さぁ、創作活動開始です!

材料支給は、キャンパスとなる白地の板(鉄あるいはプラスチック)のみ。
絵の具類は自己負担です。

通常展示するギャラリーと違って、街に溶け込むか、街から飛び出るかなど、
さまざま表現方法が考えられます。

街も白地の空き看板より、彩りや楽しさ、面白さ、芸術性があって、
とても賑やかになりそうです。

展示期間は広告主が現れるまで。しかし、撤去されても別の場所で
要望があれば再展示も可能です。自分で保管しておいても、空きが出た時に
すぐに展示できるようにリザーブしてもらうことも可。

ひょっとしたら、その絵を見て看板の依頼があるかもしれませんよ。
自分の作品が多くの人に観られることもうれしいです。

作品選定に著名な芸術家を採用したら、ただの空きスペースの活用だけにとどまらず、
プレミアム感も高まり、話題になって応募が増えるかもしれません。

空いているということはいろいろなチャンスがあるということ。
こんな時こそ、チャンスの場を増やしたいですね。

   ***企画の一番搾り***

   『 空きはチャンス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議