みんなの企画部

2592

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第1610号 デンチュウ・アート ~街ですぐに使えるキャンパスは?~

【企画公開日】2009 .11. 6.(金)

以前新聞で、街頭を使った販促広告の写真を見かけました。

それは、街頭の下部に大きな紙コップの模型をつけて、
街頭の柱を茶色に塗り、街頭の先端にコーヒーメーカーの
ポットが付いていました。

そう、街頭の先端部が少し曲がった曲線を上手に使って、
コーヒーを紙コップの注いでいるオブジェです。

コーヒーが新しくなった販促でしたが、うまい!
と膝を叩いてしまいました。これをみて、一考。

そうだ、街には(必要なんだけど)ぬぼ~と無数に立っているモノが
あるじゃないですか! これをアートにできないでしょうか?

▼『デンチュウ・アート』

そう電柱です。期間限定で街の電柱をアートにするイベントを
開催してはどうでしょう。

いつも気にしていない電柱ですが、この時ばかりは、
街のキャンパスに生まれ変わります。

あなたなら、何を描きますか?

 ◎超巨大なポッキー
 ◎地面が歪んだ絵を電柱の周りに描き(貼り)、
  電柱が地面をかき混ぜている
 ◎電柱に反対側の絵を描いて無い様にみせ、
  先端にUFOを付ける
 ◎電柱を竹にして、くりぬいた絵を描き、
  かぐや姫がいるように描く

(スミマセン、私のセンスではこんな程度)

もちろん、騙し絵ばかりでなく、純粋に絵を描いてもOK。
とにかく街を楽しく、明るくするアートを電柱に描くイベント。

許可さえ得られれば、特別な設営がなくてもはじめられます。
電柱にはQRコードをつけて、人気投票をしても面白いですね。

電柱は全国にあるので、地域が連携して開催することもできます。
また、キャラバン方式にして、北から南下してきたり、
桜前線と一緒に上昇していったり。

今はGPSを使った地図ゲームも人気なので、ゲームと芸術を
連動させるのも面白いと思います。

なんだかくだらないアイデアですが、
いつも止まっていたモノが変化したり、“動き”が出てくるととても面白く、
この閉塞感漂う社会が明るくなるような気がします。

商店街のシャッターに絵を描く取り組みをしている街もありますが、
(弊社がある長者町もそうです)電柱のような立体物をアートに活用するのも
面白いと思いますよ。

 ***企画の一番搾り***

   『動作を加える』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議