みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第1423号 ショッピングハンティング ~いつも決まったお店ではつまらない~

【企画公開日】2009 .1. 23.(金)

あなたは「直行買い派」?「ぶらぶら買い派」?

私は、お店によって違いますが、ホームセンターは“うろつく”のが
好きなので、「ぶらぶら買い派」。

大型ショッピングセンターは、買い物を決めて行く「直行買い派」。
だから、自分の興味があるお店しか知りません。。。

ショッピングセンターにはたくさんの専門店がありますが、
もし、こんなサービスがあったら、お客さんは普段は行かないお店に
興味を持ち、お店側も意外な顧客層が生まれるかもしれませんよ。

▼『ショッピングハンティング』

●『ショッピングハンティング』は、1グループ5、6名で参加できます。

●1グループに1人のガイドが付き、ショッピングセンターの専門店を
順番に回って、お店の特徴や店長さんを紹介してくれます。

●店長さんは、ガイドからのインタビューに答え、
お店のPRをし、今一番旬な商品やサービスを紹介してくれます。

●雑貨屋さんやカバン屋さん、女性専門の洋服屋さんなど、
年齢、性別を問わず、いろいろなお店を回ります。

●男性が女性向けの洋服店に行っても意味がなさそうですが、
ひょっとしたら、「奥様へのプレゼントの相談ができる」お店に
なるかもしれませんし、独身男性は彼女を連れてきてくれるかも
しれません。

●雑貨に興味のなかった人が店長さんの話を聞いて興味をもったり、
今までの自分のファッションにはないテイストの服に興味をもったり。

●いろいろ回ることで、新しい自分を発見できるかもしれません。
ある意味「お楽しみツアー」でもありますね。

●今さら聞けないこともありますしね。
こういう機会はうれしいと思います。

●お店側も今までにない顧客層と接したり、話をしたりすることで、
思いがけない気づきがあるかもしれません。

●若者向けのお店の店長にご老人が質問することもあると思います。
物が売れない時代だからこそ、固定観念が邪魔になります。

●『ショッピングハンティング』が終わったら、
最後に全店共通のチケットがもらえます。

●お客さんはそれを持って、すぐに買い物に行きます。
今までだったら、見向きもしなかったお店に入り、
買い物をするかもしれませんね。

        +++++ 今日の企画一番搾り +++++

          『 新しい分野の開拓 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議