みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1399号 親子deそうじ道具工作! ~道具をつくれば、使いたくなる~

【企画公開日】2008 .12. 9.(火)

少し前に、ある芸能人のそうじ道具(マツイ棒)がヒットしました。
見れば単純なモノなんですが、生活の知恵って、素晴らしいですね。

さて、子どもって基本的に物を作ることが大好きです。

だから、こんな教室があったら、ものづくりとそうじが一緒に
学べそうです。さらに、エコも。

▼『親子deそうじ道具工作!』

●年末になると、私の地元ではこんな工作教室が開かれます。

 ————————————–
  親子で参加!
  家にあるもので作る「そうじ道具」教室
 ————————————–

●参加者には、予め家から持参してもらう物を
お知らせしてあります。

●参加者は、指定の物をもって教室に参加します。
もちろん子どもも一緒です。

●先生が持ってきた物を上手につかって、
年末の大掃除で使う「そうじ道具」の作り方を教えてくれます。

●そうじ道具なので使いにくかったり、すぐ壊れるものではいけません。
先生の作り方をしっかり学んで、親子で作ります。

子どもが言いました。

 「家にあるこんなものでもそうじ道具になるんだね!」

●また、道具だけでなく、これを使った掃除の仕方も教えてくれます。

 「こういう部屋の隅には、この棒をこのようにして使うと、
  ほら、こんなにホコリが取れます」

●先生の実演を見ながら、子どもは驚き、目を輝かせています。

子ども「パパ、帰ったらすぐにそうじしようよ♪」

●この教室では、作る楽しさとそうじのやり方を学ぶことができます。
さらに、家である物や捨てるもので作るので、
物の大切さも知ることができます。

●きっと、作った道具をつかって、子どもは一生懸命、
年末の大掃除を手伝ってくれるでしょうね♪

          +++++ 今日の企画一番搾り +++++

            『 楽しく学ぶ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議