みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1225号 “見ている”ポスター ~“誰も見ていない”からトラブルが絶えない~

【企画公開日】2008 .3. 24.(月)

先日、友人の車を見たとき、

私「このキズはどうしたの?」
友「これか…、これはスーパーの駐車場で付けられたみたい。
  このキズ跡とこの高さからみて、買い物カートだと思う…」

駐車場でのトラブルを経験した人もいると思います。
当て逃げをされた人もいると思います。

どこの駐車場にも「当駐車場でのトラブルには一切責任は負いかねます」
とうたっていますが、基本的にお店の一部ではないでしょうか。

そこで、こんな方法で駐車場トラブルを減らすことはできないだろうか。

▼『“見ている”ポスター』

●レジで支払いを済ませ、商品を袋に詰めする台に移動しました。
すると、目の前に小さなポスターが貼ってあります。
  ———————————–
   ◎駐車場トラブル110番◎
   「こんなトラブルが増えています」
   1.当て逃げ
   2.
  ———————————–
見渡すと、袋詰めをする台には、すべて貼ってあります。

●また、すぐ下には、こんなことも書かれていました。
  ———————————–
  当て逃げを目撃したら、すぐに下記まで
  ご連絡ください。「みんなの目」で
  悪質な当て逃げを撲滅しましょう。
  ———————————–

●『犯罪は「場」が犯す』という言葉があります。犯罪を犯す人が
当然悪いのですが、犯罪がおきやすい場所も実際に存在します。

その一つに、「誰も見ていない」場所。

●だから、みんなで駐車場犯罪に注意を向け、「当て逃げを
見かけたら、通報しましょう」とみんなが意識したら、
少しは減るかもしれません。

●ショッピングセンターの袋詰めする場所なら、買い物を終えた後の
スペースなので、営業的にもデメリットは少ないです。

●また、ポスターの制作掲示の協力は、保険会社にお願いしては
どうでしょう。保険会社にとっては、よい宣伝する場もになります。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++

      『 みんなの目と意識 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議