みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

01イベントキャンペーン

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1069号 野菜大好き!企画 ~お楽しみは、ラジオ体操の後に~

【企画公開日】2007 .7. 23.(月)

夏野菜がたくさん採れる季節になりました。今、我が家の食卓には、
毎食、トマトときゅうりがそのまま並びます。

我が家の野菜は、実家の両家からいただくのですが、野菜って、
出来始めると食べきれないくらい、ぼこぼことできるんですよね…。

ありがたいのですが、さすがに消費量はそんなに増えません。。。
しかし、親は作るのと、食べてもらうのが喜びで、たくさん作ります。

最近、家庭菜園をはじめる人が増えていますが、食べてもらう人が
いなくて困っている人もいるそうです。

そこで、こんな夏休み企画はいかがでしょう。
▼『野菜大好き!企画』

●夏休み恒例のラジオ体操が終わりました。ラジオ体操に集まった
公園には、子供たちのほかに、お年寄りの方もいらっしゃいます。

A「きょうは、きゅうりの収穫をします」

と、Aさんが言うと、

B「うちは、トマトの収穫です」

と、Bさんが言いました。
●子供たちは、収穫してみたい野菜の方の前に並びます。

A「では、出発します!」

子供たちは、Aさんに付いて、Aさんの畑に行きます。

A「きょうもたくさん生っているから、たくさん採っていいぞ!」

●子供たちは、おおはしゃぎできゅうりの収穫をしています。
手一杯のきゅうりを持って、満面の笑顔。

A「家に帰ったら、自分で洗って、お母さんに包丁の使い方を習って、
  自分で切りなさい。切ったきゅうりに、塩をかけてもいいし、
  鰹節にしょうゆでもいいぞ。
  新鮮だから、そのまま丸かじりでも美味しいぞ!」

●子供たちは、わくわくしながら、帰って行きました。

●採れたての野菜って、本当に美味しいです。
普段、野菜が嫌いな子でも、喜んで食べることもあります。

だから、地域でこんな企画は面白いのでは。

●野菜を作る人も、作る喜びもありますが、美味しく食べてもらう方が、
もっと嬉しいです。小さい子がいる家庭では、野菜を買ってくることが
多いので、採れたて野菜はとても嬉しいです。

●子供たちも夏休みのお手伝いの人で、

 【ラジオ体操 → 野菜収穫 → 朝食のお手伝い】

は、いかがでしょう。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

          『   夏休みイベント  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。